無印良品「2490円のNo.1キッチンツール」とは?鍋や炊飯器の代わりにも | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

無印良品「2490円のNo.1キッチンツール」とは?鍋や炊飯器の代わりにも

 買ってよかったと、心から思えるのは?

bs100-2

シンプルで美しい無印良品のキッチンツール

 そろそろ、新年度のバタバタ感が少し落ち着いてきたころでしょうか、一人暮らしや引っ越しで“キッチンツール”を買い足すのに良いタイミングかもしれません。

 ホームセンターやスーパーの生活用品売り場に行くと、リーズナブルなものはたくさんありますが、質実剛健で機能美にあふれたアイテムが充実しているのが、「無印良品」。中長期的に考えたときのコスパも実に優秀です。もし勝手にナンバーワンのオススメをあげるとしたら……

 そこで今回は、若手社会人の新生活に自信を持ってオススメしたい、「最強の無印キッチンツール・フライパン」をご紹介したいと思います。

オススメはセラミックコートのフライパン。しかも深型

bs100-1

直径は約24センチ、満水容量が3リットル、底の厚みが4.4ミリ

 今回の主役はズバリ、「フライパン」。無印のフライパンは、鉄製とチタンコートされたアルミニウム合金製の2種類あります。鉄製は“育てるフライパン”と言われ、油を使って手入れをしていく必要があり、やや面倒。

 一方、チタンコートタイプは初心者でも失敗なく使いやすいのが魅力です。チタンコートフライパンはさらに3種存在し、その中でダントツにオススメしたいのが、直径24センチの深型タイプ。正式名称は「セラミックコート深型フライパン 約直径24cm」、価格は2490円です(税込)。

美しいデザインに惚れ惚れ。ガスでもIHでもOK

bs100-4

肉は油をひかなくともヘルシーにこんがり焼ける

 まずオススメの理由としてわかりやすいのが、ブランドものの有名フライパンと比較してもリーズナブルであること。シンプルで無駄のない形状であること。取手はブナ材が使われていて、安定感のある持ちやすさも魅力的です。

 さらに、電磁調理器(IH)・ガスコンロ・ラジエントヒーター・シーズヒーターといった熱源に広く対応しているので、コンロの種類を問いません。そして最も声を大にしてお伝えしたい強みが、「フライパン以外の用途として、さまざまな調理シーンで活躍できる」ということなんです!

12

ハッシュタグ

おすすめ記事