無印良品「2490円のNo.1キッチンツール」とは?鍋や炊飯器の代わりにも | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

無印良品「2490円のNo.1キッチンツール」とは?鍋や炊飯器の代わりにも

野菜やパスタを茹でる鍋代わりに

bs100-5

 通常のフライパンと比べて高さのある深型でありながら、大きすぎず小さすぎずな程よい直径は、野菜を茹でるときに鍋代わりとして使うことができます。

bs100-6

 フライパンとしての機能がありながら、煮込みもできてしまうので、作りおき用のカレーもこれひとつで作ることができます。その他煮物やスープ類を作ったり、パスタをゆでたりする際にもピッタリで、吹きこぼれを心配せずに料理が楽しめます。

お米も炊けて、省スペースに

bs100-7

 専用のフタは付属していないものの、一般的な24センチサイズのフタであればピッタリはまります。無印ではこのサイズの蓋が販売されていないので、新たにに揃えたい場合はリーズナブルなもので構いません。中身が見える透明ガラス蓋がオススメです。

bs100-8

 蓋があればご飯だって炊けてしまうので、狭いキッチンスペースに無理して炊飯器を買う必要がなくなります。白米の場合、浸水(最低30分)させたあと、12分炊飯+15分蒸らしでおいしいごはんが炊きあがります

 つまり、鍋や炊飯器をそれぞれ買うのも良いですが、このフライパンを1つもしくは2つ揃えておけば、さまざまな料理に対応することができます。ちなみにチタンコートは使い続けることで経年劣化し、コーティングが剥がれてきますが、丁寧に使えば数年は使用することができるでしょう(※使い方によって寿命は変わってきます)。

マイファーストフライパン”として、心からオススメできる名品ですから、フライパン選びの参考にしてみてくださいね!

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。世界中の健やかな食文化を追求。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。Twitterは@sugiakatsuki12

12

ハッシュタグ

おすすめ記事