bizSPA!フレッシュ

「仕事で成果を上げ続ける人」がやっている2つのシンプルな習慣

キャリア

 こんにちは、戦略コンサルタントのShinです。

頭を抱えて悩む男性

※画像はイメージです(以下、同じ)

 ぼくがコンサルタントとして働きだした当初、お客様に対して「なんにも言えることがないんだけど、いったいどうすればいいんでしょうか状態」に陥っていました。

自信がないから何もしなかった自分

 お客様は高いお金を払ってコンサルタントを雇っているのに、それに応えられるだけの中身が自分に全然なく、上司やお客様とコミュニケーションをとることから逃げ続けていたのです。

 でも、そんなふうに逃げていても「自分に中身がない」なんてことはすぐにばれてしまう。

 だから仕事はめちゃくちゃ怖かったし、成果も出すことができず、毎日泣きそうなぐらいつらかったです。

 でも、ぼくとは正反対に生き生きと仕事をして、高い成果を上げ続ける同期もいました。彼らとは年齢も同じでしたし、自分と同じ研修を受けていました。それなのに、パフォーマンスは全然比較にならなかったのです。

 今から考えると、これは基礎能力の差ではなかったように思います

成果を早くから上げる人は、勉強し、挑戦している

努力

 彼らと自分の違いはいろいろあったと思いますが、まとめると結局以下の2つになるのだと思います。

めちゃくちゃ勉強していた
自分の経験のなさを恐れずチャレンジしていた

 誰だって最初は何もわからないし、何もできません。

 でも、それをちゃんと認めて死にものぐるいで勉強すること、自信がなくても勇気を出して挑戦することは、だれにでもできることなのです。

 昔の自分は、すぐに目に見える成果を出したいと思いすぎ、勉強や挑戦を怠り、失敗経験や成功体験を積むことができませんでした。

 成果を出したいと思うこと自体はもちろんいいことなのですが、「成果を出したい」と思うだけでは何も変わらないのもまた事実です。自分の実力のなさを素直に認めて、ゼロからしっかり勉強したり、自信がなくても自ら手を挙げて挑戦していれば、成果を出せる人に早い段階からなれていたかもしれません。

12

ハッシュタグ