非モテ男5人がマッチングアプリに挑戦。早くも明暗別れる展開に<連載> | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

非モテ男5人がマッチングアプリに挑戦。早くも明暗別れる展開に<連載>

【実録】マッチングアプリやってみた

 すっかり市民権を得た感のあるマッチングアプリ。昨今では、アプリを掛け持ちして、出会いのチャンネルをいくつも持っている若者も珍しくないはずだ。当連載「bizSPA!マッチングアプリ部」では、そんな悩める読者に向け、自他共に認める5人の“非モテ”ライターたちが試行錯誤しながら、真実の愛を探す様子をレポートしていきたい

マッチングアプリ部

「マッチングアプリで彼女を作る」という目標のもと召集された5名

 当連載で使用するのは、「Pairs」「Omiai」「with」「Tinder」「タップル」の5アプリ。それぞれくじ引きでアプリごとの担当を決定。前回の記事で紹介したように、プロフ画像や自己紹介文のセッティングをなんとか一通り完了した。

 ようやく大海原への航海にこぎつけられたが、「恋愛弱者」である彼らにとっては、頭を悩ます日々の始まりでもある。普段から女性慣れしていないと、やり取りする際にそのスキルの差が浮き彫りになってしまうのだ。

=====
【bizSPA!マッチングアプリ部】
Pairs担当・野村(25歳)
Omiai担当・蒲須坂正男(30歳)
with担当・N谷(30代)
タップル担当・中織(32歳)
Tinder担当・喜平(25歳)

(以下、メンバー5人のアプリレポート)
=====

Pairs担当・野村:使えそうな作戦をゲット

◆ 野村(25歳)

ペアーズ

マッチ数だけは稼げたが、その先に進めず

 現在の状況をご説明しますと、今のところマッチした人数が累計で25人。多いのか少ないのかビミョーな数字ですが、ルックス偏差値が42くらいの俺からすれば健闘しているほうでしょう。

 ただし、この25人という数字はあくまでマッチしただけ、の人数でして、そのうち会話に進展しているのは、わずか2人のみ。もう壊滅的な確率です。

 ようやくマッチしてメッセージを送っても、ほとんどの方から連絡が帰ってきませんよ、まったく。返信もしないのに「いいね!」を押す女性はどういう神経の持ち主なんでしょうか。心の中でツッコミを入れまくりです。女性のみなさん、男は「いいね!」だけで期待しちゃうので生殺しはやめてください……。

 中には順調にメッセージのやり取りをしてると思ったらいきなり退会する女性までいたりして。気がつくとアイコンに「退会済み」と書かれていてビックリ。「え、俺のメッセージつまらなかった?」と不安になってしまいます

 その理由を自分なりに調べてみると、どうやらペアーズ内は男女ともに新規ユーザーが有利になる期間があるようで、登録から72時間は検索でも上位に表示されて、マッチしやすくなるみたい。

 なので登録から72時間を過ぎたら一度退会して登録し直すという、ソシャゲで言うところの“リセマラ”をやっているユーザーが多いそうな。会話途中でいきなり退会されるとムカつきますが、かなり理にかなった作戦のようです。俺もやってみようかしら。

おすすめ記事