bizSPA!フレッシュ

自宅できる下半身エクササイズ3選。寒い季節に代謝を高めよう

 秋深まる季節。寒さから運動が遠のいていませんか? これからの季節はさらに運動不足になるだけでなく、食欲が増してカロリー過多になりやすいです。今回は体重管理に重要な代謝を高めるべく、下半身エクササイズについてお話ししていきます。

ジム 健康

※画像はイメージです

全体約7割の筋肉が下半身に集中

 運動による代謝で重要なのは如何に筋肉を動かすことができるか。筋肉の数が多い方がいいですし、その筋肉が大きい方がより代謝が上がります。同じ労力と時間をかけて行うのならば、下半身トレーニングを積極的に行いましょう。

 全身には約600種類もの筋肉が存在します。その筋肉のうち、7割が下半身に集中しています。下半身は体を支える場所ですし、大きな体を動かすために原動力となる場所です。莫大なエネルギーを生み出すために多くの筋肉がついています。

 その下半身をトレーニングすれば、代謝を稼ぐための「筋肉の数が多くて大きい」という条件をクリアできることになります。スポーツジムには全身くまなく鍛えられるようにバリエーション豊富なマシンが揃っていますが、代謝を重要視するのであれば均等は行わず、下半身メニューを多めに行うことがおすすめです。

自宅でできる下半身トレーニング3選

 ここからは自宅でも簡単にできる下半身メニューをご紹介していきます。

【スパルタスクワット】

スパルタスクワット

① 足を肩幅に広げる
② お尻を引くように股関節を折り曲げ、ゆっくりと腰を落としていく

スパルタスクワット

③ 膝とお尻の高さが揃うところを限界とし、自分の下がれる高さまでお尻を落としたらこの体勢を5~10秒キープする
④ 股関節が伸びきって直立する直前に再度②の手順で腰を落とし、③のようにキープする(※5回2〜3セット/日)

=====

 代表的な下半身トレーニングはスクワットです。しかし自宅では十分な負荷をかける重りを用意するのが難しいです。そんな時におすすめなのがスパルタスクワット。関節に休憩を与えず、常に曲げたり伸ばしたりを続けることで筋肉のエネルギー消費を狙い、低負荷でも筋肉への刺激を高めます。名前の通り体だけでなく心にも厳しいメニューですが、限られた場所、時間、運動量できっちり効果を出すためにはとても効果的です。

12

おすすめ記事