ストレッチでゴルフ、草野球の上達を!スイングスピードを加速させる | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ストレッチでゴルフ、草野球の上達を!スイングスピードを加速させる

 近頃、ファッショナルブルになってからゴルフブームが再燃していたり、野球系YouTuberなどの影響で草野球人口が増加傾向にあったりするようです。

ゴルフ

※イメージです

 学生時代ぶりにクラブやバットを持って思い切りスイングしたけれど何かスイングスピードに物足りなさを感じたり、毎週末トレーニングをしてもなかなか変化を感じなかったりといった悩みからパーソナルトレーニングを利用する人も多いです。今回はゴルフや野球などスイング動作のスピードを向上させるマル秘ストレッチを紹介します

スイングの速度アップには「洗濯機」がヒント?

「スポーツ競技において重要なのは体幹だ!」とジムに来る人は口を揃えて話しますが、実際のその体幹をどのように活用してスイングするのかはほとんどの人がわかっていません。飛距離をあと◯ヤード、◯メートル伸ばすためにヨガマットの上に寝て、起き上がりの腹筋をしてもあまり効果はないでしょう。

 重要なのが身体の回旋運動をスムーズにすること。そこでヒントになるのが「洗濯機」です。洗濯機は外箱の中に洗濯槽があって、それが独立して回転することで洗濯物がグルグル回ります。外身と中身が別の動きをするのは身体も一緒で、体表面は適度に捻れている程度でも、中身の筋肉たちがさらに回転動作を起こすことで体を安定させながら回転スピードを向上させます。

中身を伸ばす“四つ這い背骨回旋ストレッチ”

【四つ這い背骨回旋ストレッチ】
① 四つ這いになります。
② 右腕を左脇下に通し、右肩と右側頭部を床につけます。

四つ這い背骨回旋

③ 胸が天井方向に向くように体を開きます。
④ 胸を天井方向へ開いたら3秒ほどキープします(※左右3回2~3セット/1日)

四つ這い背骨回旋

この姿勢を作る際、右腕を背中側に引こうとはせず、肩の位置を変えずに胸だけを天井方向へ向けて捻りましょう

 身体を回旋するストレッチですが、重要なのは腕や肩ごと引っ張って捻らないこと。これは先述の洗濯機の外箱を動かすことになります。洗濯槽にあたる部分を動かすためには腕や肩を一定位置までに抑え、胸や背骨を回す意識を持ちましょう。これにより身体の中心を回転できるようになってスイングスピードが速くなります。

<TEXT/柔道整復師・パーソナルトレーナー ヒラガコージ>

柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。公式「Amebaブログ」更新中

おすすめ記事