常に疲れが…体調不良を吹き飛ばす「バックライン」トレーニング3種 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

常に疲れが…体調不良を吹き飛ばす「バックライン」トレーニング3種

 毎日の仕事の疲れ、リモートワークによる運動不足、新しい生活様式が定着し、今まで以上に体のコンディションを維持することが難しくなっています。年齢を重ねると体が疲れやすいだけでなく、疲れた体が回復しにくいといった問題も発生し、「常に体が不調」「不調が通常」といったことにもなりかねません

 疲労

※画像はイメージです

 今回は日頃の疲れを吹き飛ばすトレーニングメニューをご紹介します。

疲れを感じるのは背筋が使えていないから?

 体の疲れを感じやすかったり、疲れが抜けにくかったりする理由は背筋が日常生活で支えていないことが多いです。人間は地球上で重力を常に受けながら生活していますが、これに拮抗する形で姿勢維持をしています。

 重力に拮抗するために働く筋肉の中に背筋が属し、正しい体の使い方ができていれば背筋の活躍度合いが高いはずです。しかし、座り姿勢で重力を自力で支えることが少ない人や、運動量が不足して必要な負荷が体にかかっていない人は、重力に拮抗する筋肉、特に背筋の活躍が減少してしまいます

 そのため、体の重さを別の筋肉が本来の役割以上の働きをして支えます。筋肉の適材適所がなされないことから体に疲れを感じやすくなるのです。

実際に背筋を鍛えよう!

【フライエクササイズ】
① 肘を真っ直ぐに伸ばして胸の前にセットします

フライストレッチ

② 水平に腕を開きながら、腕は外側に捻ります
③ 肩甲骨が寄り合うぐらいまで腕を開く場所がゴールです(※10回3セット/日)

フライストレッチ

 腕を体の前から外に向かって広げる事で背筋のエクササイズになりますが、それ以外にも丸まった背中によって縮こまった肩口の筋肉のストレッチ効果も期待できます。肩口の筋肉は元からやや捻れているため、腕を外へ捻るようにしながら外へ開いていくとより効果的でしょう。

12

おすすめ記事