bizSPA!フレッシュ

頑張っても「そこそこの結果」しか出せない人が忘れているもの

キャリア

 こんにちは、戦略コンサルタントのShinです。

ビジネスマン

※画像はイメージです(以下、同じ)

 ぼくは今も昔も劣等感のカタマリで、周りのうまく行っている人を見るたびに「なんであの人みたいになれないんだろう」と思ってしまう傾向にあります。

がんばることで「そこそこの成果」は出せたが……

 ただ、ぼくはそこから、

「じゃあどうするか?」
「どうすればここから巻き返せるか?」

 と考えて、自分を鼓舞して努力を続けました。それで、そこそこの結果を得ることができたのです。

 でもそれはあくまでも「そこそこ」で、上には上がいることに気づいたのです。少し前に進むたびに、また押しつぶされ、またつらい思いをする。そういう繰り返しでした。

 そんなある日、ふと「こんなことを続けるのはツラいよね」という、シンプルな事実に気づいたのです。

 成果を出したい、実力をつけたい。それは悪くもなんともない。でも、それを得るために、毎日自分に鞭打ちながら努力を続ける人生は「シンプルにイヤだな」と感じました。

成果を出しているスゴい人は何が違う?

腕を組むビジネスマン

 また、「自分が追いつこうとしているすごい人たちは、たぶんぼくとは違う考え方をしているんだろうな」ということに薄々気づき始めました。

 彼らは「成果を出したい」「実力をつけたい」と自分を追い詰めてるんじゃなくて、シンプルに目の前のことを楽しみ、没頭しているからこそ成果が勝手に出るし、実力もつく。そういう順番なんだ、ということに気づいたのです。

 振り返ってみれば、学生時代にスポーツや勉強で成果を出せたときも、仕事がうまく行きだしたときも、ブログを毎日狂ったように書いていたときも、「成果を出そう」「実力をつけよう」とは考えていませんでした。

 ただ目の前のことに夢中だったのです

ハッシュタグ