bizSPA!フレッシュ

異邦人の登場は貨幣世界をどう変えるか。そして、次号ついに最終回…!?――『貨幣論』と『トイ・ストーリー』を混ぜてみた

コラム

この物語は岩井克人『貨幣論』がもし『トイ・ストーリー』だったら? という仮定のもとに書き進められています

【第11回】異邦人の登場は貨幣世界をどう変えるか。そして、次号ついに最終回…!?

<登場人物>

貨幣論・リンネル リンネル:服の素材に使われる亜麻布のことで、英語で言うとリネン。

貨幣論・ケインズケインズ:イギリスの経済学者。経済の安定には政府の積極的な介入が必要だとした。主著に『雇用・利子および貨幣の一般理論』

貨幣論・上着 上着:新品の1着の上着。

貨幣論・コーヒー コーヒー:淹れたてのコーヒー。

貨幣論・紙幣 紙幣:金貨に代わるあたらしいもの。偉い。

貨幣論・異邦人異邦人:貨幣共同体を壊すかもしれない人

<前回までのあらすじ>
 紙幣の大量発行により、前代未聞の洪水に見舞われた商品世界。その謎を説くために、リンネルはマルクスが掘った「穴」に飛び込み、ジョン・メイナード・ケインズを連れてくる。ケインズは商品世界を正常な状態に戻すための計画を立て始める。そんななか、リンネルは貨幣がなぜ機能しているかを理解し、ある行動に出る。

太陽がまぶしい日に

貨幣論

貨幣論・異邦人異邦人「今日、ママンが死んだ……」

貨幣論・異邦人異邦人「ぼくは、アルジェの郊外でバスを降りた」

貨幣論・異邦人異邦人「太陽がまぶしい……」

 ポケットにはピストルが入っていた。だれかが近づいてきたら撃ってやろうと思っていたのだ。そうやって歩いているぼく(異邦人)に、近づいてくるやつがいた。布っきれだった。

貨幣論・リンネルリンネル「ねえ、きみ! おいらと一緒に来てよ!」

貨幣論・異邦人異邦人「……?」

貨幣論・リンネルリンネル「いいから来るんだ!」

貨幣論・異邦人異邦人「ムッシュウ、あなたの言っていることは意味がわからない」

貨幣論・リンネルリンネル「わからなくて、いいから!」

 そうして、ぼくは布っきれに連れられて、旅立つことになった。なぜそうしたのかはわからない。オレンジ色の太陽がまぶしかったから……。

とにかく穴を掘れ、そして埋めろ

 安全ヘルメットを被ったケインズが、大勢の商品たちの前に立っていました。

貨幣論・ケインズケインズ「第一部隊、用意はできたか?」

 ケインズがそう言うと、聴衆から歓声があがりました。そのなかには上着とコーヒーもいます。

貨幣論・上着上着「こんなことになるとはな」

貨幣論・コーヒーコーヒー「だけど、やるしかないよ」

 商品たちの手にはスコップが握られています。

貨幣論・ケインズケインズ「『第一部隊』なんて名前じゃ味気ないな。そうだ、『ケインズ・サーカス』と名付けよう」

 パチパチとまばらな拍手がおきます。

貨幣論・ケインズケインズ「これからきみたちには穴を掘ってもらう。そして、その中にお金を入れるんだ。それが終わったらまた穴を埋める。その繰り返しだ!」

 ケインズが腕を振り上げながら叫ぶと、また大きな歓声があがりました。

貨幣論・上着上着「いくぞ!」

貨幣論・コーヒーコーヒー「掘って埋めるぞ!」

 商品たちは走り出しました。そして地面にスコップを突き立て、一心不乱に掘り始めます。

12