bizSPA!フレッシュ

<第9回>世界の謎をたしかめるため、穴に飛び込んだリンネル。そこでは…――『貨幣論』と『トイ・ストーリー』を混ぜてみた

コラム

この物語は岩井克人『貨幣論』がもし『トイ・ストーリー』だったら? という仮定のもとに書き進められています

【第9回】世界の謎をたしかめるため、穴に飛び込んだリンネル。そこでは値札が貼られてしまい……?

<登場人物>

貨幣論・リンネル リンネル:服の素材に使われる亜麻布のことで、英語で言うとリネン。

貨幣論・上着 上着:新品の1着の上着。

貨幣論・お茶 お茶:美味しいお茶。

貨幣論・コーヒー コーヒー:淹れたてのコーヒー。

<前回までのあらすじ>
 大量の貨幣によって、商品世界は激しい洪水に見舞われた。この危機を乗り越える方法はないのか? リンネルたちは船に乗り、貨幣の海を突き進みながら、かつて「金」が現れた「穴」にやってくる。そこには「商品」とは違う「人間」がいて、「穴」に入れと言うのだった──!

この世界の謎を解くために

貨幣論

貨幣論・人間 人間「さぁ、跳ぶのかどうか決めるのだ……」

「穴」を前にして、「人間」は「跳べ」と言います。しかし、ぽっかりと開いた「穴」のなかは真っ暗で、どこまでも深い闇が広がっています。飛び込んだところで、なにが待ち受けているのかわかりませんでした。

貨幣論・上着 上着「『穴』に入るだと……?」

貨幣論・コーヒー コーヒー「いったいどこに繋がっているんだ……?」

貨幣論・上着 上着「やめたほうがいい」

 みんな口々にそう言いました。無理もありません。そもそも「人間」が味方なのかどうかもわからないのです。しかし、意を決して、リンネルはこう言いました。

貨幣論・リンネル リンネル「ぼくは入る」

貨幣論・上着 上着「!?」

貨幣論・コーヒー コーヒー「!?」

 驚いて、上着とコーヒーがリンネルの顔を見ます。リンネルの表情は強張っていましたが、覚悟を決めたようでした。

貨幣論・上着 上着「リンネル……!」

貨幣論・コーヒー コーヒー「やめろ、何が起こるかわからないぞ!」

貨幣論・上着 上着「そうだ、2度と戻って来られなくなるかもしれない!」

 穴から出て来られなくなったら、もうリンネルとは会えなくなるのです。上着とコーヒーは必死に止めました。その様子をお茶は冷静に見つめていました。

貨幣論・お茶 お茶「それでも行くんだね……?」

貨幣論・上着 上着「お茶!」

 お茶は確認するように言いました。その瞳はまばたきをせずに、まっすぐにリンネルを見つめていました。お茶の問いかけにリンネルは少しうつむいたあと、お茶を見つめ返して言いました。

貨幣論・リンネル リンネル「うん。この世界がこうなってしまった理由がわかるかもしれない」

 その答えにお茶は黙って頷きました。

貨幣論・お茶 お茶「私も一緒に行きましょうか?」

貨幣論・リンネル リンネル「いや、お茶はここに残ってくれ。ぼくが帰ってくるのを待っていてほしい」

貨幣論・お茶 お茶「……わかった。気をつけて」

貨幣論・リンネル リンネル「うん!」

 リンネルはずっと待っていた人間のほうを向きました。

貨幣論・リンネル リンネル「待たせたね」

貨幣論・人間 人間「ふふふ。さぁ、『命がけの跳躍』をするのです」

貨幣論・リンネル リンネル「うおお!」

 リンネルは助走をつけて飛び上がり、穴に向かって落下していきました。

12