bizSPA!フレッシュ

<最終回>貨幣は死に、そしてよみがえる!――『貨幣論』と『トイ・ストーリー』を混ぜてみた

コラム

この物語は岩井克人『貨幣論』がもし『トイ・ストーリー』だったら? という仮定のもとに書き進められています

【最終話】貨幣は死に、そしてよみがえる!

<登場人物>

貨幣論・リンネル リンネル:服の素材に使われる亜麻布のことで、英語で言うとリネン。

貨幣論・お茶お茶:10ポンドのお茶。

貨幣論・上着 上着:新品の1着の上着。

貨幣論・コーヒー コーヒー:淹れたてのコーヒー。

貨幣論・紙幣 紙幣:金貨に代わるあたらしいもの。偉い。

貨幣論・ケインズケインズ:イギリスの経済学者。経済の安定には政府の積極的な介入が必要だとした。主著に『雇用・利子および貨幣の一般理論』

貨幣論・異邦人異邦人:貨幣共同体を壊すかもしれない人

貨幣論・未来人未来人:現代人に対して紙幣を気前よく贈る人。

貨幣論・キャベツ人形キャベツ人形:商品の差異化競争の果てに現れる究極の商品。

<前回までのあらすじ>
 増え続ける紙幣を何とかするため、「異邦人」を連れてきたリンネル。一方、ケインズは穴を掘って埋めようとしていた。リンネルが連れてきた異邦人が「ある言葉」をつぶやいたとき、紙幣は──!?

異邦人の襲来! 貨幣は未来人からのプレゼントだった!?

貨幣論

貨幣論・紙幣紙幣「やめろ……」

貨幣論・異邦人異邦人「今日、貨幣が死んだ……」

貨幣論・紙幣紙幣「やめろぉぉぉ────────!」

 異邦人がつぶやいた瞬間、貨幣は発光し、そのまぶしさでリンネルたちが目をつむってまた目を開けたときには、大量にあった紙幣は消えてなくなっていました。

貨幣論・上着上着「いったいなにが……?」

 さっきまで穴を掘っていた商品たちは呆然と立ち尽くしています。

貨幣論・ケインズケインズ「そうか、循環の連鎖を断ったのか……」

貨幣論・上着上着「どういうこと?」

貨幣論・ケインズケインズ「貨幣は、それを『貨幣である』と認識する同じ共同体の人間にしか使えない。それを貨幣だと思わない異邦人がやってくると、貨幣として使えなくなるんだ」

貨幣論・異邦人異邦人「ぼくは貨幣の循環を却下したばかりだった。それで、血液の波が体の中を規則正しく流れるのを感じることができていた……」

貨幣論・ケインズケインズ「私が彼に貨幣を渡しても、彼はそれを貨幣だと思わないから、使えないってことだ」

貨幣論・上着上着「なるほどね。でも、貨幣がまったく機能しなくなっても、困るんじゃないかな?」

貨幣論・ケインズケインズ「ああ、そうだ……」

 ギュン!

貨幣論・ケインズケインズ「!?」

 話しているケインズと上着のあいだを、突然、猛スピードの自動車が突っ込んできました。走った跡には火が吹いています。車のドアがカモメの翼のように開くと、出てきたのはお茶でした。