「毎日が退屈で自己嫌悪になりそう」そんな悩みに、小原ブラスの回答は | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「毎日が退屈で自己嫌悪になりそう」そんな悩みに、小原ブラスの回答は

コラム

ピロシキーズの「甘口人生相談」

ピロシキ-ズ

 普段は辛口だとか、毒舌だとか言われる僕ですが、毒を持った言葉を使うと、どうしても「これが正解だ!」と、1つの答えを決めつけてしまいそうになるものです。でも、人生の答えは1つであるはずがない。

 だから、あえて“甘口で”読者の皆様の人生相談にのってみようというこの企画、数ある沢山の正解の中のほんのひとつだけ、参考になればという思いで、おこがましくも答えさせていただければと思います。今回は、仕事のマンネリに関するご相談に、ピロシキーズの関西弁ロシア人のほう、小原ブラス@Alechan_Planet)がお答えします。

Q:地味な仕事で自己嫌悪に陥りそう

【30歳・男性】

 都内の中堅私大を卒業後、出版社に勤めています。入社以来、編集など花形部署とはかけ離れた、印刷や製紙会社との折衷などキラキラしたイメージとかけ離れた地味な仕事ばかり。職場の居心地は悪くないのですが、やる気はなく、特別なスキルも身に付きません

 このままではダメ人間になってしまうと危機感を持ち始め、転職を意識しだしたのですが、保有資格は英検3級、漢検3級。趣味はお笑い、ネットサーフィン、読書、映画……。何もしてこなかった自分に自己嫌悪に陥りそうです。でも、今の状況をなんとか変えたい。どうしたらいいですか?

A:仕事か、プライベートを充実した時間に

仕事

※画像はイメージです(以下同じ)

 普段SNSで僕のDMにくる相談の中でもかなり多い相談ですね。要するに、毎日が退屈だしつまらないから何かやってみたいけど、自分が何をしてみたいのかもわかりませんと。

 仕事が毎日短調でつまらなと、本当にこんな人生でいいのかと不安になりますよね。毎朝起きて準備して、つまらない仕事をして家に帰って、ご飯食べてちょっとネットサーフィンでもしてから寝る。そんな人生が今後も続くのかと思うとゾッとする気持ち、誰でも一度は味わったことがあると思います。

 仕事はお金を稼ぐためにするのではない、好きなことをするためにお金を稼ぐんだ! 稼げさえすればあとはプライベートを充実させたらいいんだ! なんてことをいう人もいるけれど、現実的に考えてみてほしい。睡眠の時間を除外すれば起きている時間のおおよそ半分は仕事の時間です

 それ以外の時間でさえも仕事の準備に使われたり、食事などの生命活動に使われる。本当のプライベートの時間って実はほんの少ししかないんです。人生の大半をつまらない仕事のために犠牲にするなんて、そんなもったいないことありますか。

おすすめ記事