bizSPA!フレッシュ

M-1グランプリ 2020は大激戦か。優勝予想を“元芸人の放送作家”が語る

 お笑い界の一大祭典「M-1グランプリ2020」(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝戦が、ついに12月20日(日)開催される。新型コロナウイルスの感染拡大によって開催そのものが不安視されていたが、それとはお構いなしに公式YouTubeでの予選漫才公開、映画館での準決勝パブリックビューイングなどで、例年以上に期待感が高まっている様相。

M1 2020

画像は「M-1グランプリ2020」公式サイトより

「過去一番のハイレベルな大会」との声もあった昨年の2019年大会で優勝し、人生が激変したミルクボーイに続くのは一体どの漫才師なのか。元芸人で、現在は数々のバラエティ番組の放送作家を担当するA氏の意見を織り交ぜながら、優勝の展望を予想していく。

どのコンビも横一線。“カミカゼ”が誰に吹くか

 まず、決勝進出者を改めて振り返っていこう。オズワルド(2大会連続2回目)、ニューヨーク(2大会連続2回目)、見取り図(3大会連続3回目)、アキナ(4大会ぶり2回目)、マヂカルラブリー(3大会ぶり2回目)、おいでやすこが、錦鯉、東京ホテイソン、ウエストランド(4組ともに初出場)、そして12月20日の敗者復活枠を含めた10組となった。このラインナップを見たA氏は頭を悩ませる。

「いつもなら誰と誰が……と目星を付けられるのですが、本当に横一線で予想が難しいですね。去年あれだけの盛り上がりを見せていましたが、最終的にはミルクボーイが頭ひとつ抜けていましたから」

 こうなってくると「正統派漫才コンビ」、それとは一線を画する「飛び道具型コンビ」、どちらのタイプが会場に“カミカゼ”を呼び起こすかによって行方は決まってきそうだ。

「順当に漫才の安定感で予想していくのなら、アキナ、ニューヨークが本命ですね。場数も踏んでいるし、周囲の評判も高い。オズワルドもひょうひょうとしたやり取りはそのままに、ツッコミのワードセンスが研ぎ澄まされています。昨年はぺこぱ、すゑひろがりずといった飛び道具組が目立っていましたが、今年は正統派組が一定の存在感を出すのではないかなと

おすすめ記事