自粛生活で筋力低下していない…?自宅でできる筋力チェック | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

自粛生活で筋力低下していない…?自宅でできる筋力チェック

スムーズにクリアできなかった人は…

 これがスムーズにできなかった人は、筋力がかなり低下しており、ロコモ予備群の可能性大。速攻、生活を改めるべし。

「40センチの台をクリアできた人は、台の高さを『30センチ→20センチ→10センチ』と、10センチ刻みで下げ、両足、または片足で立ち上がれるか挑戦してみましょう。両足で20センチの高さから立ち上がれない場合は、移動機能の低下が進行しているシグナル。筋力を回復させるため、適度な運動やタンパク質の多い食事を心がけましょう」

「座りっぱなし」が病を引き起こす要因に

死に至るダメ習慣

森田豊氏。医師・医療ジャーナリスト。医師として活動する一方、メディアに多数登場。大妻女子大学特任教授。近著に『名医が教える寿命を延ばす恋愛医学』(扶桑社刊)

 また、筋力低下を招くダメ習慣のひとつといえば「座りっぱなし」。だが、この習慣が死に至る病を引き起こす要因となることも。

「長時間座り続けると、筋力や血液の代謝が低下し、心筋梗塞や脳血管疾患などの病気を招くともいわれています。オーストラリアの研究所が座位時間と死亡率を調べた調査によると、1日に座る時間が4時間未満の人に比べると、8~11時間座っている人は総死亡リスクが15%、11時間以上座っている人は40%以上アップするとか。2011年には、WHOが座りっぱなしは、年間200万人の死因になると注意喚起したほどです」

 テレワークや外出自粛の機会が増えたことで、筋力低下は確実に進行。将来を見据えて行動することが今、求められているのだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

12

おすすめ記事