bizSPA!フレッシュ

マンション購入時の注意点5つ。特に結婚を考えている人は要チェック

 近年は、持ち家志向が弱まり、賃貸派を自称する人も増えている。だが、いつの時代でも、住宅購入を真剣に考えている人は数多く存在する。大都市圏で暮らす若者の場合、一戸建は価格的に難しく、マンション購入を検討中という人もいるはずだ。

不動産

※画像はイメージです(以下同じ)

 国内最大のマンション購入者向け口コミサイト「マンションコミュニティ」を運営するミクル株式会社に所属し、マンション専用ブログ「スムログ」で活躍するブロガーでもあるスムログやまちゃんさんは、マンション購入の優位点をこう説明する。

「分譲マンションは住み続ければ自分の財産になり、自分の所有物という安心感を持てる。もともと賃貸マンションより分譲マンションのほうが、作りがしっかりしているので、同じスペックのマンションに住むなら、賃貸より分譲のほうがコスパがいい。

 賃貸だと壁に画鋲ひとつ開けることも気になるが、持ち家なら現状復帰という縛りを気にせず住むことができますしね」

 結婚を機に住宅購入を考え始める人も少なくないだろう。そこで、今回は新婚さんがマンション購入するときの注意点を聞いてみた。主にポイントは5つあるという、もちろん今は単身者という方も将来のために参考にしてほしい(以下、スムログやまちゃんさんの発言をもとに構成)。

その①「血縁・地縁を重視すべし」

 将来、子供を作らないと断言できる人には、このアドバイスは当てはまらない。また、夫婦とも地方出身者で、居住地の近くに肉親が住んでいないという人にも当てはまらない。しかし、ひょっとしたら子育てをするかもと思っている人で、居住地の近くに夫か、お嫁さんの実家があるなら、おおむね1時間以内で実家に行ける範囲内に、マンションを購入することは、検討に値する。

 親が近くにいれば、育児で大きな助けになる。親御さんは孫の顔を見たいという人が多いので、仕事が忙しく育児に時間を割けないときに、預かってくれる。他人に預けると気を遣ったり、お金がかかったりするが、親御さんであれば、これは親孝行にもなる。

 新築でマンションを購入する新婚カップルの場合、物件の資産価値やローン・金利・支払いを心配する人が多いのに、子供ができて夫婦の片方の育児・家事負担が大きくなりすぎ、夫婦仲が悪くなることまでを、心配する人はあまりいない。だが、これはぜひともマンション購入時に考えてもらいたいポイントだ。

 いざ子供ができて、夫もお嫁さんも育児も仕事もこなさなければならないとなったときに、どれほどのストレスがかかることか……。個人の頑張りだけで乗り越えられないときに、近くにどちらかの実家があると大きな助けになる。

その②「子育て環境を重視すべき」

子育て

 やはりこれも、子育てに関する話題だ。将来子供は持たないというDinksのカップルなら資産価値だけを気にしていてもいい。しかし、将来、そのマンションで子育てする可能性があるなら、保育園に入れる自治体なのか、公立の小中学校はどんな学校か、近くにどんな病院があるのかを調べてほしい。

 これらのことは、役所のHPを見るだけでも、ある程度分かるし、今時は専門のサイトでそれぞれの評判まで調べることができる。特に子供が小さいうちは、たとえ夫に十分な収入があっても、お嫁さんがずっと家にいて子供の面倒ばかりみていると、精神的にも良くない影響が出る。

 今や政府が「1億総活躍社会にしよう」と言うのだから、お嫁さんが望むなら、子供を保育園に預けられる待機児童問題のない地域を選んで、子供としっかり離れられる時間を作ってあげることを考えてもよいだろう。

 これも1つ目と同じく、新婚カップルが見落としがちなポイントだ。そのマンションが優良物件かどうかを心配しても、子育て環境まで気にしない人が多い。しかし、子供ができたら夫婦生活に大きな影響を与える要素になる。