bizSPA!フレッシュ

京都ヨドバシ「中国人転売ヤー」騒動。結局誰が悪いのか?

ビジネス

  京都のヨドバシカメラで人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のフィギュアの予約販売が行われたところ、中国人転売ヤーとのトラブルが発生した。

京都ヨドバシ

ヨドバシカメラ マルチメディア京都 CC BY 3.0

 騒動のきっかけは、6月24日、京都市の「ヨドバシカメラ マルチメディア京都(京都ヨドバシ)」で人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のフィギュア「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機」の予約販売。

「日本人にしか売らない」誤情報が拡散

 エヴァンゲリオンの限定フィギュアは、転売市場にて高値で取引されており、同店には数多くの中国人らしき購入希望者が詰めかけた。店側が「商品名が言えない」「スマートフォンで商品画像の表示ができなかった」場合、外国人には販売しないという対応を取ったところ、客の一人が猛抗議し、トラブルに発展。

 さらにこれを目撃した人物が、ツイッターに「(店員が)転売防止のため日本人にしか売らないと明言」「正確には転売目的で来ている外国人の方には売れない」と投稿、のちほどこれは誤った情報であることが明らかになったが、またたく間に拡散された。

 実際、今回の「ヤフオク」などのオークションサイトで「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機」と検索してみると、3万4500円から6万8000円まで高額転売されているものを発見。定価2万4200円(税抜)なので、さらには倍以上の値段が付いていることになり、なかには入札が50件以上はいっているものもあった。

エヴァンゲリオン

※画像は「ヤフオク」より(7/4時点)

 なお「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機」に関しては再販が行われることが、公式サイト上で告知されており、転売価格は次第に下がっていくと予想される。

過去には12万円の高級人形買い占めも

 かつては「爆買い」で注目された中国人の旺盛な購買意欲だが、昨今では、大量購入による転売ヤーの問題が活性化してきている。昨年3月には、京都の高島屋で1体12万円もする高級人形を、1人の中国人転売ヤーが限定販売分の100体まるごと買い占める事件が発生した。

 また、ユニクロが人気グラフィックデザイナーのKAWS(カウズ)がコラボした「カウズ:サマー(KAWS:SUMMER)」が6月に発売されると、銀座本店など各地のユニクロの店舗に、転売ヤーが殺到する事態となった。さらに事前販売された中国の店舗では、商品を奪い合って、殴り合いが起きる事態となった。

この投稿をInstagramで見る

@kawsがシェアした投稿

 過去にも日本のドラッグストアやディスカウントストアで、日本製の化粧品や紙おむつなどを買って横流しする中国人転売ヤーは目撃されてきた。しかし、「この頃は質が下がってきている」と、自身も転売稼業で身を立てており、中国人の転売事情にも精通するU氏は、語る。

「中国人、あるいは日本人のホームレスが限定販売の予約受付に大量に並ぶ姿は前からよく目撃されていました。たいていはアルバイトで雇われた中国人の留学生。Supreme(シュプリーム)やgoro’s(ゴローズ)だと、もっと高校生っぽい子や女性もいるみたいです」

12

ハッシュタグ