bizSPA!フレッシュ

サバ缶×豆もやしで超簡単ダイエットメニューに「チンするだけ」の野菜料理4選

 野菜たっぷりは、「レンジ」で制す。

 みなさん、「野菜」をしっかり食べていますか? コンビニサラダを食べたとしても、その量はしれたもの。もっと賢く、栄養リッチな野菜を、継続的に食べたいところです。

bizspa25-1

 そしてもちろん、「簡単さ」も超重要なポイントになるでしょう。そこでオススメしたいのが、「栄養野菜の“電子レンジ蒸し”」。合わせる具材や調味料のコツを知ることで、手軽でおいしい野菜料理をたっぷり堪能することができるのです。

 今回は、電子レンジですぐに作れる! たっぷり食べられる! おいしい「カンタン野菜料理」の作り方を4レシピご紹介したいと思います。

カンタン野菜料理① 豆苗+オイスターソース

bizspa

 まずはじめにご紹介するのが、超栄養野菜「豆苗」を使った、1分で作れる温野菜メニュー。

 豆苗はさまざまな栄養素をバランスよく含む緑黄色野菜のひとつで、若々しさを保つビタミンA・C、骨の形成を助けるビタミンKなどが豊富です。

 レンジで温めるだけでOK。かさがグーンと減るため、1人でもペロリと食べられてしまいます。かける調味料は、オイスターソースがオススメ。1パックあたり100円前後で買えるのも魅力です。

作り方
(1)豆苗の根本をカットしてさっと水洗いする。皿に乗せてラップをかけて1分電子レンで温める
(2)温かいうちにオイスターソースをかければ完成

※カット後に残った根元部分は、深めの器に入れて水耕栽培を。再び葉っぱが伸びてくる。うまく栽培すれば、数回は楽しめます。

カンタン野菜料理② カットレタス+シウマイ

bizspa25-3

 もっとも手軽な野菜だと感じている人も少なくないであろう、サラダ用の「カット野菜」。

 最近は、レタスやキャベツの他、パプリカやニンジン、紫キャベツなどの栄養リッチな野菜が入ったミックスタイプも充実しています。でもこれって、一人だとなかなか食べきれなくて、余ってしまうことも。そこでオススメしたいのが、「シウマイと一緒に温める」というアイディア。

 広めの皿に、カット野菜を敷き、その上にチルドシュウマイをおいて温めれば、野菜たっぷりシウマイ皿に仕上がります。レタスのジューシー感を楽しみながら、食物繊維をしっかり摂取できます。

作り方
(1)カット野菜を広めの皿に敷き、その上にチルドシウマイを並べる。
(2)ラップをかけて5分前後電子レンジで温める。

12