bizSPA!フレッシュ

5000円の「中国製ドローン」を飛ばしてみた。搭載カメラの画質に驚愕

ガジェット

 こんにちは、モノ系Webメディア編集長のもってぃです。

image6

「Potensic A20W」(Potensic)

 ガジェットや書籍をはじめとしたさまざまな“モノ”をレビューするWebメディアを運営する筆者が、5000円以内のガジェットを実際に購入して使ってみるこの連載。今回は中国メーカーの激安ドローンをレビューしていきます。

 ご紹介するのはこちら、手のひらサイズのトイドローン「Potensic A20W」です。基本スペックとしては、サイズが91×80×31.8ミリ、重量は24グラム。飛行時間は5~6分と短めなので、屋外というよりは自宅で手軽にドローンを飛ばしたい方向けのモデルです。

シンプルでチープさを感じさせないパッケージ

image1

 パッケージはこちら。白を基調としたシンプルな外観です。今回はブルーを選択したため、ボールペンで右側に印がつけられています。Amazon販売価格は税込4068円(購入時点)と、数あるトイドローンの中でも非常にリーズナブルです。

 セット内容は以下の通り。

image2

・ドローン本体
・コントローラー
・スマホホルダー
・USB充電ケーブル
・取扱説明書×2(英語版/ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・日本語版)
・プロペラ×4(予備)
・ネジ&ドライバー

初期設定は簡単。しかしスマホ連携に悪戦苦闘

image5

 中国メーカーの製品ではありますが、日本語の説明書があるため設定もスムーズ。コントローラーとのペアリングも簡単にできました。

 スマホに専用アプリをインストールすることで、ドローン内蔵のカメラ視点での操作も可能です。ただし、コントローラーの電源には単3形乾電池4本が必要で、本体セットには含まれていないため別途用意する必要があります。

 また、スマホとの接続にやや手こずりました。説明書の通り操作してもスマホとの連携ができず、しばらく悪戦苦闘した結果、スマホを「機内モード」に設定することでうまくいきました。なお、Amazonの商品ページにも同様の対処法が記載されています。

12