丸亀製麺の熱盛うどん弁当は、テイクアウトの神!最高の魅力は意外な点にあった | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

丸亀製麺の熱盛うどん弁当は、テイクアウトの神!最高の魅力は意外な点にあった

 これはすごい。「丸亀うどん弁当」の進化が止まりません。皆さんはもう食べましたか? 2021年4月に登場し、約9か月で累計1700万食を突破したとのこと。

b131-2

すっかりおなじみの讃岐うどん専門店「丸亀製麺」。うどん弁当が絶好調

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

「熱盛 丸亀うどん弁当」人気の秘密は…

b131-3

新作「カレー」は店舗限定。他3種は全店舗で食べられる

 その後、季節に応じて種類も豊かになり、2021年12月2日には「熱盛 丸亀うどん弁当」が登場しました。この“熱盛シリーズ”がどうやら好評のようです。

 そこで今回は、冬限定の温弁当!「熱盛シリーズ」を実食し、正直な感想をレポートしながら人気の秘密を探ってみたいと思います。

熱盛は全4種。そのうち2種を食べてみた

b131-4

「熱盛 えび天玉子あんかけうどん弁当」 590円

 熱盛シリーズは、全部で4種類。2月3日より発売の新作「カレーうどん弁当」(590円)のほか、「えび天玉子あんかけうどん弁当」(590円)、「えび天かけうどん弁当」(490円)、「かけうどん弁当」(390円)というラインナップになっています。

 カレーうどんは店舗限定のため、今回はどの店舗でも味わうことができる2種として、玉子あんかけとかけうどんをチョイス。実際に食べてみることにしました。

ハッシュタグ

おすすめ記事