最新iPhone 13 Proのスゴい「カメラ機能」。進化したポイントを使い尽くす | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

最新iPhone 13 Proのスゴい「カメラ機能」。進化したポイントを使い尽くす

ガジェット

 2021年9月24日に発売となったiPhone 13シリーズ。映画のような動画を簡単に撮影できる「シネマティックモード」など、いくつかの新機能が登場したが、「大して変わらないのでは?」「買い換えるほどではない」との声もある。

01_gaikan

左がiPhone 12 Pro、右がiPhone 13 Pro。サイドボタンの位置がiPhone 12シリーズとは異なるためケースの流用はできない

【画像をすべて見る】⇒次へ>をタップすると次の画像が見られます

 新しいiPhoneは実際にどの程度進化しているのだろうか? カメラ関連の機能に絞り、iPhone 13 ProとiPhone 12 Proを比較した。

外見は変わらないものの、カメラが大型化

 iPhone13シリーズのおもな進化は、高度な手ブレ補正や背景をボカした動画を撮影できる「シネマティックモード」、マクロ撮影など、カメラ周りに集中している。それを支えるのが、サイズが大きくなったカメラだ。2つの端末を並べてみると、全体的な形状やサイズはほとんど変わらない。

02_haimen

上がiPhone 13 Pro下がiPhone 12 Pro。カメラがかなり巨大化している

 裏返してみると、背面カメラは明らかに大きくなっている。厚みも増して大きく飛び出した状態となっているため、カメラを守るためにもカバーが必須となるだろう

日中の撮影でも違いは出るのか?

 iPhone 13 Pro/Pro Maxの公式ページでは、広角カメラは「最大2.2倍多くの光」、超広角カメラは「92%多くの光」をとらえることが可能だとアピールしている。また、写真の明暗差などを自動調整する「スマートHDR」も進化した。

 これらの違いは、実際の写真にどの程度表れるのだろうか? 日中のやや薄暗い竹やぶを広角カメラで撮り比べてみた。

03_koukaku-13pro

iPhone 13 Proで撮影

04_koukaku-12pro

iPhone 12 Proで撮影

 iPhone 12 Proが全体的に明るい写真になっているのに対して、iPhone 13 Proで撮影したものは木の幹や日陰部分は暗く、空の部分は明るく写っており、肉眼で見た景色に近い印象だ。

05_tyoukoukaku-13pro

iPhone 13 Proで撮影

06_tyoukoukaku-12pro

iPhone 12 Proで撮影

 続いて、超広角カメラでも撮り比べてみた。撮影場所がやや明るめだったこともあるかもしれないが、こちらはほぼ違いを感じられなかった

ハッシュタグ

おすすめ記事