「格安20GBプラン」携帯大手3社と全部契約して、おトク度を比べてみた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「格安20GBプラン」携帯大手3社と全部契約して、おトク度を比べてみた

ガジェット

 携帯主要キャリアによる「月20GB」の新プランが続々とスタートした。金額的にはほぼ横並びとなったが、結局、どれを選べばよいのだろうか? 今回は筆者がahamo、povo、LINEMOの3プランを実際に契約して使ってみた

plan-start_top

ahamo、povo、LINEMOの3プランを検証。一番お得なのは?

LINEMO:LINEのビデオ通話を使うならお得感大

 3社でもっとも早くサービスを開始したソフトバンクのLINEMO(ラインモ)は、通話定額なしで月額2728円(税込み、以下同じ)。5分間の通話定額オプションは月550円だが、1年限定で無料になるキャンペーンが実施されている。

plan-start_01

公式サイトの表記や説明もわかりやすい

 物理的なSIMカードのほか、端末内にSIM情報を書き込む「eSIM」も選択可能。ただし、現状ではeSIMの動作確認端末は限られている。

plan-start_02

設定手順の書かれたガイドとSIMカードが届く

 今回は、新規契約としてSIMカードを申し込んだ。サイトから必要事項を入力し、本人確認用に免許証の画像をアップして手続きを行う。2日後にSIMカードが送られてきた

plan-start_03

Androidの場合は、情報を手入力する必要がある

 端末にSIMカードを挿入した後、「APN」とよばれる回線に関する情報を設定する作業が必要となる。iPhoneの場合は、SIMカードと一緒に送られてくるガイドに記載されているQRコードを読み込んで設定を実施。Androidの場合は、端末の「アクセスポイント名」の設定画面から情報を入力する。

 今回のテストでは、SIMロック解除済みのドコモ販売端末「arrows 5G」を使用。公式サイトの動作確認済端末のリストには記載のない機種だが、無事に使うことができた。

plan-start_04

初めて見る「LINEMO」の表示が新鮮!

 画面上端に表示される通信会社名は「LINEMO」。なお、この表示は端末によって「LINEMO」となる場合と、「SoftBank」となる場合があるようだ。ちなみにiPhoneでも試してみたが、そちらは「SoftBank」だった

plan-start_05

データ残量をLINEのトーク画面上で確認できる

 データ残量や請求金額などは、LINEMOサイトの「My Menu」から確認が可能。さらに、LINEMOの公式LINEアカウントと友達になってMy Menuとの連携設定を行えば、LINE上でもこれらの情報を確認できるようになる。

ストレスなく使える通信速度

 LINEMOならではの大きな特徴が、LINEの利用分がデータ通信量としてカウントされない「LINEギガフリー」だ。このサービスは、トークでのメッセージのやりとりや音声通話、ビデオ通話が対象となる。

 なお、トークでの位置情報共有やLiveの利用、OpenChatのほか、スタンプショップの利用やLINEニュースの記事詳細の閲覧は対象外だ。また、LINEマンガやLINE MUSICといった関連サービスもカウントフリーにはならないので注意したい。

plan-start_06

ビデオ通話を頻繁に使うならお得感がある

 さっそく、3人でのビデオ通話を10分ほどつないでみた。通話前後のLINEMOでのデータ通信残量は変化なし。別に用意したデータ通信量を調べるアプリの記録をみると、実際には10分間で135MBほど消費している

 テキストメッセージの通信量は微々たるものだが、長時間のビデオ通話を利用する機会が多い場合にはかなりの差が出そうだ。

 また、もうひとつの特典として「スタンプ使い放題」も用意されているが、こちらは追加料金なしで利用できるようになるのは夏以降とのこと。現状では、使い放題サービス「LINEスタンプ プレミアム」の料金分がポイントとして還元されるキャンペーンの形で実施されている。

plan-start_07

肝心の通信速度も問題なさそうだ

 通信速度もチェックしてみた。日曜夕方の住宅街で56.9Mbpsと、ストレスなく使えるレベルの速度だ。

おすすめ記事