2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

2万円〜のPC「Chromebook」を15台買ったマニアが、選び方とおすすめモデルを徹底解説

ガジェット

1:サイズは小さいが画面の解像度は高い

クロームブック

Lenovo Ideapad Duet Chromebook

 まずオススメするのが「Lenovo Ideapad Duet Chromebook」です。デタッチャブルタイプのChromebookで使い勝手はほとんど「Surface GO」といったところ。サイズは小さいながら、解像度も高くWeb会議もバッチリです。

タイプ:デタッチャブル
CPU:MediaTek Helio P60T
ストレージ:128GB
メモリ:4GB
ディスプレイサイズ:10.1インチ
解像度:1920×1200 Pixels
キーボード:JIS配列
自動更新ポリシー:2028年6月
価格:3万円前後

2:縦方向に長いので画面が見やすい

クロームブック

HP Chromebook x360 12b

 2つめが「HP Chromebook x360 12b」です。こちらは12インチの2in1(コンバーチブル)タイプのChromebook。解像度こそフルHDではありませんが、画面比率が3:2で縦方向に長い分、見やすくてオススメ。持ち運びもしやすいので、自宅、オフィスとどちらでも使えるのもポイントですね。

タイプ:2in1(コンバーチブル)
CPU:Intel Pentium Silver N5030 プロセッサー
ストレージ:64GB
メモリ:4GB
ディスプレイサイズ:12インチ
解像度:1366×912
キーボード:JIS配列
自動更新ポリシー:2026年6月
価格:4万5千円前後

3:しっかり使えるハイエンドモデル

クロームブック

Acer Chromebook Spin713

 Chromebookの中ではハイエンドモデルに当たるのが「Acer Chromebook Spin713」です。CPUも高性能でWeb会議をしながら、たくさんのタブを開いても安定動作してくれます。HDMIポートを搭載、変換ケーブル無しでディスプレイに映せる手軽さもポイント。自宅やオフィスで、しっかり使い込みたい方にオススメです。

 なお、キーボードがUS配列な点には注意してください。

タイプ:2in1(コンバーチブル)
CPU:インテル Core i3-10110U プロセッサー
ストレージ:128GB
メモリ:8GB
ディスプレイサイズ:13.5インチ
解像度:2256×1504
キーボード:US配列
自動更新ポリシー:2028年6月
価格:8万円前後

=====

 Chromebookは基本的に作業を全てブラウザを通して行います。Windowsなら普通に使えるWord、Excel、PowerPointが使えない点は注意が必要ですが、ブラウザ操作だけなら、Chromebookは明らかに快適です。

 ライトに使うセカンドマシンとしてはこれ以上ない存在といえます。是非この機会にチェックしてみてください!

<TEXT/Chromebookマニア 武井誠>

モバイルガジェットマニア。ITアーキテクト兼ライター。ITはクラウドやテレワークの導入支援に従事。ライターとしては2020年からIT系記事を中心にメディアで執筆中。新しいモバイルパソコン、スマホを買うのが好き。「上阪徹のブックライター塾」第6期卒
Twitter:@pcefancom
Blog:「タケマコブログ

おすすめ記事