iPhoneの便利ワザ「仮想ホームボタン」 指1本でスクリーンショットを撮る | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

iPhoneの便利ワザ「仮想ホームボタン」 指1本でスクリーンショットを撮る

ガジェット

 みなさんは「仮想ホームボタン」を知っていますか? 正式には「AssistiveTouch」と名付けられているこの機能は、擬似的なホームボタンを介してiPhoneのあらゆる操作を行うことができます。

iPhone アプリ

※イメージです

 本来は、画面をタッチすることが困難な人に向けて用意された機能ですが、その多機能性からホームボタンの破損等の理由がなくとも愛用する人が少なくありません。今回はそんな仮想ホームボタンの表示方法や機能の一部を紹介します。

iPhone

これが「仮想ホームボタン」

仮想ホームボタンの表示方法

 仮想ホームボタンの表示は「設定」から行います。

①「アクセシビリティ」をタップする

iPhone

②「タッチ」をタップする

iPhone

③「AssistiveTouch」をタップする

iPhone

④「AssistiveTouch」横のボタンをタップする

iPhone

 以上の手順で画面上に仮想ホームボタンが表示されるようになります。

仮想ホームボタンの移動方法

 次に仮想ホームボタンの移動方法を見ておきましょう。利便性向上のために用いる場合などは、例えば利き手の親指から無理なく届く範囲に配置することで、タップ操作だけで多様な機能にアクセスすることができます。

 移動方法は簡単。仮想ホームボタンを任意の場所にドラックするだけ。

iPhone

 画面四辺の任意の位置に仮想ホームボタンを移動することができます。

iPhone

12

ハッシュタグ

おすすめ記事