iPhoneの便利ワザ「仮想ホームボタン」 指1本でスクリーンショットを撮る | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

iPhoneの便利ワザ「仮想ホームボタン」 指1本でスクリーンショットを撮る

ガジェット

仮想ホームボタンでできること

 では、いよいよ仮想ホームボタンで何ができるのか見ていきましょう。仮想ホームボタンをタップすると……。

iPhone

 メニューがポップアップします。デフォルトでは、従来のホームボタン機能を持つ「ホーム」「Siri」、任意のジェスチャを行える「カスタム」「通知センター」、端末を操作できる「デバイス」「コントロールセンター」が表示されます。例えば、「デバイス」をタップしてみると。

iPhone

 音量を上げ下げしたり……。

iPhone

 スクリーンショットを撮ったりなどできます。特にスクリーンショットは新旧iPhoneでも微妙に押しづらいボタン操作が必要なため、片手のタップ操作で行えるのは非常に便利なのではないでしょうか。

iPhone

仮想ホームボタンのカスタマイズ方法

 さらにこのメニューはより自分好みにカスタマイズすることも可能です。先ほども開いた「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouch」で「最上位のメニューをカスタマイズ」をタップします。

iPhone

 すると画面が開きます。アイコンの数は「+」をタップすることで最大8個、「−」をタップすることで最小1個まで増減させることができます。また任意のアイコンをタップすることで……。

iPhone

 別の機能に変更することができます。変更できる機能はデフォルトでアクセスできるものの他に、「画面の読み上げ」「スクロールジェスチャ」「ショートカット」など自由に選択できます。

iPhone

iPhone

 今回は仮想ホームボタン機能を見ていきました。満員電車の中など、iPhoneの操作が制限される場面は少なくありません。仮想ホームボタンを上手に活用してストレスフリーなiPhoneライフを!

<TEXT/日和下駄>

俳優・ライター。興味のあるジャンルはサブカルチャー全般。子どもの頃の愛読書は『Windows100%』。しかし、現在はiPhone、MacBook proもちのAppleユーザー
Twitter:@hiyori_geta

12

ハッシュタグ

おすすめ記事