bizSPA!フレッシュ

家ごもりを乗り切る食事術。簡単・節約・ヘルシーがポイント!

 自粛だからこそ、変えられる。

bizspa39-1

 コロナによる外出制限・自粛生活、本当にお疲れ様です。どんなにポジティブにやりくりしようとしていても、ストレスはたまるものですから“食生活”を楽しむことで、少しでもリフレッシュや癒し、健康につなげてもらえたらと願っています。

 そうです、今少し時間に余裕ができたとしたら、これまでの食生活を、もっとヘルシーに、もっとおいしく変えてみるチャンスなのかもしれません。そこで今回は、こんな状況下だからこそ変えられる「おいしい・ヘルシー・節約につながる賢い食事術」を3つ、ご紹介したいと思います。

1. 普段買っていた「調理品」を自分で作ってみる

bizspa39-3

 はじめにオススメしたいのは、おいしさをもっともダイレクトに実感・感動できる手法。あらかじめ味付けされた肉や魚(調理品)って、便利でおいしいですが、自分で作ってみると想像以上にシンプル・簡単で極上のおいしさを体験できるんです。

 例えば、とんかつ用の豚ロース肉を塩麹(ロース肉1枚につき大さじ1)と砂糖(小さじ1/2)で漬けてみましょう。数時間置いておき、調理はフライパン弱火で裏表をじっくり焼くだけ。ふっくらジューシーで、旨味たっぷりの食感に感動すること間違いなしです。

2.“太りにくい食べ方”を知る

bizspa39-4

 せっかく時間ができたのですから、自分に本当に合った「太りにくい食事」を見つけることは、自分にしかできない経験です。ダイエット理論だけで自分の心身は適応しませんし、食べ物の好みや培ってきた食習慣などをふまえながら、無理のない手法を見つけていくのが大事。

(1)野菜を先に食べる。
(2)たんぱく質を先に食べる
(3)汁物を取り入れる

 よく言われるのはこの3つですが、満腹感・満足感を加味しながら、どれが心地よいか継続的に試してみてください。もちろん3つのバランスを意識するだけで、ヘルシーな食生活にガラリと変えることができるでしょう。

おすすめ記事