bizSPA!フレッシュ

ユニクロ、買うべき「20代・夏物アイテム」ベスト3。コスパ抜群な逸品は

 とにかく暑い。昨年は各地で40度前後に達し、熱中症による死者が出るなど歴史的な猛暑となったが、今年も5月にして、すでに汗ばむ陽気となった。さらに、大雨が降ったかと思えば、翌日には30度を超える「真夏日」にまで気温が上昇するなど日によって気温差も激しい。

ユニクロ

※画像はイメージです

  今年入社したばかりの若手社員や、炎天下に外回りする営業マンにとっては、体調管理に気をつけなければならず、つらい時期だろう。

 そんな体温調整が難しい時期こそ、うまく小物を駆使したり、外出前に一枚多く羽織るなどファッションには気をつけたいもの。

 今回は、若者にも人気が高いユニクロで、20代が買うべき夏物ベスト3を『ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などの著書がある森井良行氏に教えてもらった。

ユニクロで20代が買うべき夏物ベスト3は?

 そもそも、「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングといえば、国内では「ジーユー(GU)」ブランドを展開するほか、 中国や韓国などアジアでも出店を拡大するアパレル企業だ。その時価総額は、世界的ブランドのH&MやGAPを抜き、インディテックス(ZARA)に次ぐ、世界第2位に位置している(2018年8月末時点)。

 4月11日に同社が発表した第2四半期連結累計期間の連結業績も、売上収益は1兆2676億円(前年同期比6.8%増)、営業利益が1729億円(同1.4%増)と増収増益と、過去最高値を更新した。

 その店舗数も直営店、フランチャイズ含め国内だけで825店舗を数える(2019年2月末時点)。しかし、この4月は、例年より気温が低かったことで夏物需要が減速し、既存店売上は前年同期比で、1.6%の減収となった(Eコマース合算)。

 とはいえお手頃な価格帯で、デザインもすっきりしていることから、20代の若い読者でも挑戦しやすい。以下に、ユニクロで20代が買うべきベスト3を紹介するので、ぜひチェックしてほしい(画像はオンラインショップより)。

3位:セレブレイト ミッキー UT

セレブレイト ミッキー UT

セレブレイト ミッキー UT(グラフィックTシャツ・半袖)¥1,500 +消費税

「ユニクロでよく見かける、ミッキーシリーズ。なかでも今季は白・黒のモノトーンボーダー、ロゴもワンポイントで小さくモノトーンにしたデザインが登場。ポップなミッキーUTを大人っぽく着こなせるということで、ランクインさせました。

 この手のTシャツは他社でも見掛けますが、コスパはユニクロが抜群です。2位で紹介する白のショートパンツと合わせて、靴・小物にこだわれば、ユニクロらしからぬ印象に仕上がるのではないでしょうか。ただし、あまり派手な色の靴で合わせると、ちょっとイケイケな雰囲気に見えるかもしれませんのが……」(森井氏、以下同)

12