bizSPA!フレッシュ

窓の外で男が土下座。婚活アプリで「本気の相手探し」がまさかの展開に!

 マッチングアプリといえば、恋人や遊び相手を探すタイプと、真剣に結婚相手を探す婚活タイプの2種類があるといわれています。

花嫁

※画像はイメージです

 ただし、片方は真剣に結婚相手を探していても、相手のほうは恋愛や、ただ単に遊びたいだけの人もいるので要注意!

 どうやって注意すればよいのでしょうか? 成婚率45%を誇る結婚相談所「ganmi」の三島光世所長に話を聞きました。

アプリで知り合った32歳の“公務員”と交際

「とある大手メーカーで事務職をしているアオイさん(28歳・仮名)に起きた出来事です。彼女は30歳までに結婚したいと、婚活を開始しますが、婚活パーティは人が多すぎるため、自分に合わないとリタイア。

 そこで、有名な結婚相談所の婚活アプリを使うことにします。他のアプリより、真面目な人が多いと口コミでも評判だったため、アオイさんはアプリで知り合った4歳年上の公務員Bさんと知り合い、交際に発展しました」(三島所長、以下同)

 温泉や城巡りが趣味というアオイさんは、Bさんと、2か月に一度の割合で旅行するなど、親密な関係になったそうです。ところが、楽しい日々が1年ほど続いたある日、アオイさんが「そろそろ結婚したい」とプロポーズを促したところ、Bさんの返事はなんとNG!

「婚活アプリに登録していたので、アオイさんは『彼にも結婚の意志がある』と信じていました。『だって、私は来年30歳だし、そろそろ結婚したいの』と再度、プロポーズしますが、それでも公務員男性は結婚できない、と一点張りだったそうです。

窓を開けてベランダに出ると「好きだ~!!」

マッチング8

 目の前の男が遊び感覚で付き合っていたとわかり、悲しい気持ちでいっぱいになったアオイさんでしたが、でもぐっとこらえて『じゃあ、別れましょう』と、さっさとその日は帰ったそうです」

 その翌日、仕事から帰宅したアオイさんが干していた洗濯物を取り込もうと、窓を開けてベランダに出ると、アパートの階下で、Bさんがじっと見上げていたそうです。

「ストーカーっぽいですが、昨日まで好きだった男だったせいか、恐怖心はなかったそうです。『何か、用なの?』と声をかけると、Bさんが『好きだ~!!』と叫んだそうです」

12