Google Pixel 3が本日発売!iPhoneより“圧倒的”小容量でも問題ない理由 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

Google Pixel 3が本日発売!iPhoneより“圧倒的”小容量でも問題ない理由

ガジェット

地味に嬉しいFelica対応

 新型Googleスマホ、Pixel 3シリーズについてその概要をご紹介します。

 Pixel 3シリーズは、5.5インチディスプレイの「Pixel 3」と6.3インチディスプレイの「Pixel 3 XL」の2種類展開。ちょうど、iPhone XSとiPhone XS Maxと同じようなラインナップです。

 それぞれのスペックの概要は以下の通り。

Pixel 3
・ディスプレイ:5.5型の18:9ディスプレイの長方形ディスプレイ、解像度はFHD、画素密度は443ppi
・サイズ:高さ145.6mm、横幅68.2mm、厚み7.9mm、重量148g
・OS:Android 9 Pie
・保存容量:64GB、128GB
・防水防塵性能:IPX8
・カメラ:1220万画素(アウトカメラ)、800万画素+800万画素(インカメラ)
・おサイフケータイ:Felica対応

Pixel 3 XL
・ディスプレイ:6.3型の18.5:9ディスプレイのノッチ(切りかけ)あり形状、解像度はQHD+、画素密度は523ppi
・サイズ:158mm、横幅76.7mm、厚み7.9mm、重量184g
・OS:Android 9 Pie
・保存容量:64GB、128GB
・防水防塵性能:IPX8
・カメラ:1220万画素(アウトカメラ)、800万画素+800万画素(インカメラ)
・おサイフケータイ:Felica対応

 Pixel 3もPixel 3 XLも基本的なスペックは同じで、画面サイズが大きな違いと言えるでしょう。カラーバリエーションも共にClearly White、Just Black、Not Pinkの3色展開です。

 地味に嬉しい機能としては、Felica対応でしょうか。コンビニでの買い物やSuicaを使っての電車利用など、スマホでサクサクと決済できるのはとても魅力的な機能です。

Pixel 3の目玉機能は「AIカメラ」

pixel

※Google Pixel 3 公式サイトより https://pixeljp.withgoogle.com/

 スペックだけ見ると、ベンチマークであるiPhone XSと変わらない(むしろ劣ってる?)ような印象を受けてしまいますが、Pixel 3シリーズにはiPhoneにはない“武器”があります。

 それは、AIカメラです。最近はiPhoneをはじめ、1枚の写真を撮るために2つのカメラユニットを使うデュアルカメラが一般的になり、なかにはトリプルカメラを搭載する端末も登場するなどスマホのカメラの進化が加速しています。

 多くのスマホがレンズを増やすことでカメラの性能をあげているなか、「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」はインカメラがデュアルカメラ、アウトカメラはシングルカメラになっています。しかしながら、Googleが得意とする機械学習やAI駆使することでデュアルカメラに負けないカメラ機能を実現しています。

 Pixel 3シリーズのアウトカメラは2機種ともシングルカメラですが、AIを使って被写体を分析することで背景をボカし、iPhoneのようなポートレート撮影が可能です。

 iPhone XRもシングルカメラでポートレート撮影を実現しているので、これだけではPixel 3がすごいとは言い切れないのですが、そこはさすがソフトウェア企業のGoogle。

 Pixel 3ではさらに、独自アプリ「Googleレンズ」を使って写したモノをリアルタイムに検索、翻訳したり、写した商品の購入リンクを表示させたりといったことが可能です。気になるものがあればすかさずカメラを起動して写してみましょう。

おすすめ記事