1年目不動産ベンチャー社員「社内の不正行為の末に」不当解雇に遭った理由 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

1年目不動産ベンチャー社員「社内の不正行為の末に」不当解雇に遭った理由

キャリア

 突然ですが、就職して1年未満でやめてしまう「超短期離職」という言葉をご存知でしょうか。厚生労働省によると四大卒が新卒として入社しても、10人に1人は1年未満で辞めています(出典:厚生労働省 新規学卒者の離職状況)。私(森川剛、@a54689)は元お笑い芸人で、転職エージェントでキャリアアドバイザーとして勤務した後に起業をし、現在は大学生の就職支援を行う会社を経営しています。

労働者 ビジネス

※画像はイメージです

 これまで1500人以上の方とキャリア面談を行ってきましたが、その中には短期離職をした方も多くいました。そして、今回記事にするのは「不当解雇」によって意図せずに超短期離職をした方です。なぜ、新卒1年目の社員が意に反して解雇されたのか、どのような経緯でそうなったのか話を聞きました。

大学を卒業をして不動産ベンチャーに

「社長と距離が近く、その上でお金を稼ぎたかった」と当時の就職活動における軸を教えてくれたKさん。スポーツ推薦で「MARCH」クラスの大学へ進学し、体育会学生として4年間部活動に励んだそうです。ちなみに「体育会学生」というのは部活動に所属している大学生を指し、高校時代に一定数の競技実績を残すと、大学側から声が掛かるのだと言います。

「体育会という厳しい環境下でやってきたので、就活でも競争環境のある企業を選ぼうと思っていた」

 そうして入社先に決めたのが、東京の一等地に本社を構える不動産ベンチャー。ここから彼は投資用不動産の営業マンとしてのキャリアを歩みだします。

入社3か月で社内トップに

Kさん

成績優秀者に選ばれて順風満帆な社会人生活を送るKさん(写真右側)

 ベンチャー企業で裁量も大きく、仕事に没頭できたKさん。ひたすらに営業活動をして、仕事終わりには顧客を捕まえるために、都内のbarをはしごして、とにかく名刺を配り歩いたそうです。そんな日々を過ごし、気がつけば、入社3か月で社内トップの成績を叩き出していました。

営業として5000万円ほど売り上げて、多くのインセンティブをもらっていました。この時は楽しくて仕方がなかったです」

 投資用不動産という事で商材の単価も高く、企業の経営者など目上の人に対して営業活動をすることがKさんには合っていたようです。ところが…。

おすすめ記事