“大阪・出汁カレー”がコロナ禍で東京移転。店主の決意「面白そうなんで」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“大阪・出汁カレー”がコロナ禍で東京移転。店主の決意「面白そうなんで」

レシピは聞かれたら教える

スパイシー丸山氏

舌鼓を打つスパイシー丸山氏。「お酒に合いそう」とのこと

――東京にお店を構えて3か月。これからどんなお店にしていきたいですか?

三浦:東京の中でも型にはまってしまっているお店も、おそらく多いんではないかと思うんですね。そんな中でインスピレーションを与えられるようなモノを作っていければなあと思っています。

 自分の店からパクれるところがあれば、どんどんパクッていけばいいと思ってますし。レシピなんかも聞かれたらすぐに答えちゃうんです。“オールフリー素材”なんで(笑)。大阪って聞かれたらけっこうみんなレシピを教え合うんですよ。

――えーーっ!!(笑)

三浦:これ、こうしたほうがいいよとか。そのあたりはフランクですね。僕なんか率先して言っているほうで。「守破離」じゃないですけど、例えば出汁カレーでも最初はマネしてそれから離れて、その人の個性のある出汁カレーが出来たら逆にこっちも楽しいんで。なるほど、こういう方向があるねんなと。

――今後、こんなことできたらいいなと思うことはありますか。

三浦:料理を作るのが好きなんで、ずっと関わっていたいなというが1つ。あとは、もっと好奇心をもって色んな面白いことをやっていければなと。人生短いんで、できるだけ楽しんでやれれば、それに越したことはないですよね。その分しんどいこともありますけれど、この仕事が好きなんで。

=====

 年を重ねながらもワクワクすることを忘れずに突き進む三浦さん。目をキラキラさせながら「面白そうだったんで!」と東京移転の話をしてくれた時の表情がとても印象的でした。ビビッと感じた時は年齢を気にせず思い切って動くことも大事なんですね! 筆者はただいま46歳。勇気とポジティブなパワーをいただいたインタビューでした。

<取材・文/カレー研究家 スパイシー丸山>

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。レシピ、食べ歩き、商品情報など、カレーにまつわるさまざまなトピックを日々発信している。著書『初めての東京スパイスカレーガイド
ブログ:カレーなる365日
Twitter:@spicy_maruyama

【ジャパニーズスパイスカリー ワッカ(WACCA)】
住所:東京都中央区八丁堀2-19-7 庄司ビル 1F
TEL:03-6262-8883
営業時間:11時~15時
17〜21時(LO20時30分)※時短要請期間中
18〜22時(LO21時30分)※通常時
定休日:日曜
Twitter:@sekime_wacca

おすすめ記事