カップラーメンの最新トレンド5つ。それでもカップヌードルが勝ち続ける訳 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

カップラーメンの最新トレンド5つ。それでもカップヌードルが勝ち続ける訳

② ほっこり嬉しい「増量・マイナーチェンジ」

bs91-4

チキンラーメンどんぶり わかめ(日清食品)/212円

 カップヌードルの他にもロングセラー商品はたくさん存在します。例えば、チキンラーメン。最近ではわかめをたっぷり乗せた新商品が発売になりましたが「おっ、これはちょっと試してみよう!」と思えど、この“ちょっとのアレンジ”が定番化するのは至難の業(メーカーもそれを承知でしょうけれど)。

 カップヌードルに期間限定味が登場するのと同じように、ファン心を満たしてくれます。

③ 好奇心アップ「食ブームとの合わせ技」

bs91-5

さば料理専門店が挑む一杯 SABAR監修 さばを味わうコク塩ヌードル(エースコック)/242円

 サバ缶ヒットの影響か、サバ料理専門店が生まれるなどしていますが、そのブームはカップ麺にも及んでいます。過去にも「唐辛子」や「塩レモン」など、印象に残るものはありますが、それらの多くが丁寧に歴史を重ねていくことは多くありません(中でも「白湯スープ」はかなりの貢献度かもしれませんが、これってそもそもラーメントレンドですし)。

 でも、このようなトレンド味が、即席麺の食文化を華やかにしてくれているのだと思います。

ハッシュタグ

おすすめ記事