bizSPA!フレッシュ

ソニーの新型「PS5」が発売決定。待望の8Kハードだが懸念も

ガジェット

 10月8日、SONYは「プレイステーション5」の発売が正式に決定したと公表した。投入は2020年の年末商戦とされる。

プレイステーション

© Kawee Wateesatogkij – Dreamstime.com

 ローンチタイトルなどは未定だが、事前リークの情報元が海外の開発会社ということもあり、FPSやリアルタイム・ストラテジーなど、海外の人気シリーズを据えることが有力視されている。またPS4と互換性を保持しているので、PS4ユーザーは既存のソフト資産を活用できる。

 内部には8コア16スレッドのCPUや、AMDによる新設計のGPUを採用。同時に、対応するゲームディスクの容量は100GBにまでアップするという。従来の「据置機」の流れを汲む保守的な構成だが、性能面では過去最高のハイエンドマシンとなる。

そもそも「8K解像度」って何!?

 PS5では「8K解像度」モニタへの対応が謳われている。この「8K解像度」がどれほどのものか、プレイステーションシリーズの歴史と一緒に比較し確認してみたい(ここで言う「解像度」というのは、ゲーム画面を構成するマス目の数だと思ってもらえれば差し支えない)。

 1994年に発売された初代プレイステーションは、ポリゴンによる3Dグラフィックをゲームの世界に普及させる立役者となった。このときの解像度は「640×480」で、総解像度は307,200。接続方法の違いなどがあり単純な比較はできないが、同じ4:3のアナログテレビを使いながらにして、解像度だけでもファミコン(実効的な総解像度は約57,000)の5倍以上の表現力があったといえる。

 現在主流の解像度が、Blu-rayビデオディスクなどでも採用されている「フルHD」と呼ばれるもの。この規格の解像度は「1920×1080」で、総解像度は2,073,600。現在販売されている人気機種「Nintendo Switch」の最大出力解像度がこれにあたるほか、2013年に発売されたPS4もこの解像度だ。

8Kは「4K」をさらに4倍にしたもの

 今日の売れ線は、さらにその上を行く「4K解像度」。来年の東京五輪を控えるいま、世間の注目はこの「4Kテレビ」に集まっている。解像度はフルHDの4倍の「3840×2160」で、総解像度は8,294,400におよぶ。PS4の上位機種「PS4 Pro」がこの解像度で出力できるほか、Xboxシリーズの「One X」と「One S」も4Kに対応している。

 来たる「PS5」が対応する8Kというのは、この「4K」をさらに4倍にしたもの。解像度は「7,680×4,320」で、総解像度は驚異の33,177,600である。ライバルハードであるNintendo Switchの画面がすっぽり16個収まる。

 このハイスペックはインパクト大だ。とはいえPS5をフルスペックで遊ぶためには、別途8K解像度に対応したモニタを用意する必要がある。

ハッシュタグ