Apple変革の象徴か。歴代最高性能の「Mac Studio」など新商品が一挙公開 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

Apple変革の象徴か。歴代最高性能の「Mac Studio」など新商品が一挙公開

ガジェット

 日本時間3月9日早朝、Appleの新製品発表会がオンラインで開催された。事前の予想通りiPhone SEのニューモデルがお目見えになったほか、新色のiPhone 13アップグレードされたiPad Airや、Mac対応の外部ディスプレイ「Studio Display」も発表された。

Apple

(画像はオンラインイベントより、以下同じ)

 特に目立った新顔が、Appleシリコンを搭載した「Mac Studio」である。既存のMac miniを天地に拡大したような設計の省スペース型コンピュータで、Mac Proシリーズを置き換えるものと見られる。今回の新製品につき、簡単な解説を加えていきたい。

やっぱりお買い得なiPhone SE

 低価格帯のiPhoneとして高い支持を受けているiPhone SE。2020年に発売された第2世代モデルでは、ホームボタンやTouch IDを存続させた守旧的な設計が評価された。そんなiPhone SEがこのたび、2年ぶりのモデルチェンジと相成った。

 第3世代となったiPhone SEでは、iPhone 13に採用されたものと同じ6コアのA15 Bionicチップを搭載。公称によれば、グラフィック性能はiPhone 7の3.7倍、なおかつiPhone 8の2.2倍である。これらの古いiPhoneを使い続けている人にとっては、またとない“買い時”だろう

Touch IDには根強い人気が

Apple

堅実な設計と安い価格で人気のiPhone SEシリーズがモデルチェンジした

 価格の安さ(5万7800円~)もさることながら、マスク着用時のロック解除が簡単なことから、(Face IDではなく)Touch ID仕様のiPhone SEを好むユーザーは多い。大きすぎず手になじむサイズや、タッチパネル上に邪魔なノッチがないことも概ね好評である。

 2020年のiPhone SE(第2世代)を使っているユーザーも買い替えを検討していいが、2年前のモデルはまだ使用に耐える性能を有しており、経済状態によっては2年後(2024年)のニューモデルを待つ手もある。また、Androidスマートフォンからの乗り換えを考えているのならば、お買い得なiPhone SEは魅力的な選択肢となる。

ハッシュタグ

おすすめ記事