新型「iPhone 13」モデルがお買い得と言える理由。唯一“納得いかない点”は | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

新型「iPhone 13」モデルがお買い得と言える理由。唯一“納得いかない点”は

ガジェット

 日本時間9月15日早朝、Appleの新商品発表会がストリーミング配信された。前回(iPhone 12シリーズが発表)からの間隔は11か月である。このスケジュールは、10月5日に迎える「スティーブ・ジョブズ没後10年」とのバッティングを回避したものかもしれない。

Apple

CEO就任10周年を迎えたティム・クックが、総合司会のようにプレゼンテーションを進行していく(画像はオンラインイベントより、以下同じ)

 配信で紹介されたハードウェアは7種類で、iPad、iPad mini、Apple Watch、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxのそれぞれ新型だ。どれも旧モデルからの正統進化を遂げているが、度肝を抜くような新製品の登場はなかった。

教育界に熱視線送る新型iPad

 最初に紹介されたのは、「無印」とも呼ばれるエントリーモデルのiPadである。各種機能が向上したとはいえ、第2世代のApple Pencilには対応しておらず、すでに発売されたiPad Proや、後述するiPad miniと比べると見劣りする。

Apple

「無印iPad」の価格設定からは、教育機関に大きく食い込みたい意図が窺える

 それでも、3万9800円からという価格は魅力だ。教育市場向けの価格は299ドル(アメリカ)からと、一時期のネットブックに匹敵する低価格を実現した。安価なタブレットならAmazonの「Fire」もあるが、3万円台の製品で一番性能が高いのは、おそらく無印iPadとなるだろう。オンライン授業の普及を受け、安価な端末選びが問題になっているが、カメラとディスプレイに強みを持つ新型iPadは魅力的な選択肢になりそうだ。

 続いて発表されたのが、8.3型のミニモデル「iPad mini」。デザインもリニューアルされており、Touch IDはトップボタンに内蔵。姉妹製品の「iPad Air」(10.9型)に近いデザインになった。

Apple

新型となったiPad mini。iPad ProやiPad Airなど、高級タブレットのデザインを継いでいる

 小型軽量ながら、性能的には最高級品の「iPad Pro」にも肉薄する。値段は5万9800円からで、玩具として買うのなら安くはないが、用途が定まっているのなら購入すべき良品だ。

Apple Watchもリニューアル

 Apple Watchは、今回のリニューアルで第7世代の「Series 7」となった。廉価版の「Apple Watch SE」や、旧世代機の「Series 3」と併売になる見込みだ。

Apple

Apple Watchの新型は「Series 7」を名乗る。安価で併売される旧モデルとどちらを選ぶか悩みどころだ

 文字盤のディスプレイ面積が拡がり、バッテリーの保ちも向上した。それでも持続時間は18時間程度だというから、「充電からの解放」はずっと先のことになりそうだ。腕時計を毎日充電する習慣に適応できるのならば、健康をサポートする強い味方になってくれるだろう。

Apple

映像中では、Apple Watchを身に着けた女性がヨガで空中浮遊する一幕も……

 愛用者も多いApple Watchを“失敗作”だと言うつもりは毛頭ないのだが、シンプルな生活を愛するスティーブ・ジョブズがこの製品を世に出したかと考えると、NOではないだろうか。Apple Watchは、クック体制を象徴する製品であるように思える。

おすすめ記事