bizSPA!フレッシュ

Bluetoothスピーカー、2万円以下でコスパ最強な5選+1

ガジェット

 自宅はもちろん、アウトドアや車内でも気軽に使えるBluetoothスピーカーは、音楽をオープンエアで聴くツールとして、いまや欠かせない存在だ。

 1000円以下から10万円以上のものまで、多種多様な製品が市場を賑わせているが、中でも激選区と言われているのが2万円以下の価格帯。

 ひと昔前のCDコンポのようなオーディオシステムと比べればずいぶん安くはなっているとはいえ、限られた可処分所得から捻出して買うのだから失敗はしたくない。そう思って二の足を踏んでいる方が、実はけっこう多いのでは?

 ここでは2万円以下で手に入るおすすめBluetoothスピーカー5モデルを、各モデルの特徴とともにご紹介したい。オススメのポイントは、音質・ルックス・使いやすさ・モバイル性が、いかに高いレベルでバランスしているか、である。

定番的ベストセラーのJBL「CHARGE3」とBeats「Pill+」

JBL「CHARGE3」

JBL「CHARGE3」(価格14880円) 防水(IPX7)対応でモバイルバッテリー機能も搭載したJBLのロングセラー。写真の5色に加えて迷彩柄もラインナップされている。コーデックはSBCに対応 ※画像は公式サイトより(以下同じ)

 まず、2万円以下のBluetoothスピーカーでもはや定番と言っていいべストセラーが、JBL「CHARGE3」とBeats「Pill+」の2モデルだ。どちらも発売から2年以上経っているが、これらよりもコスパが高い(=音質/ルックス/使いやすさ/モバイル性が高いレベルでバランスしている)と思える製品はそうない。

 CHARGE3は、5cm口径のフルレンジユニットに、2つのパッシブラジエーターが組み合わせられた防水対応モデル。パッシブラジエーターは低音の厚みを増強させるユニットのことで、この価格帯の多くのBluetoothスピーカーに採用されている。

 音質向上のために果たす役割は大きく、ビートの効いた音楽を好むならとりあえずパッシブラジエーター搭載モデルを選ぶに越したことはない。今回ご紹介する5モデルの中ではもっとも低音を強調した音づくりなので、アウトドアや広めの空間で鳴らすのに向いた1台だ。

 その名の通りカプセル剤のような形をした「Pill+」は、今回紹介するBluetoothスピーカーでは唯一ツイーターを搭載するモデル。ツイーターとは高音域を受け持つユニットのこと。中低域を受け持つウーファーと役割を分担することにより音の分離を向上させ、クリアな再生を目指している。

Beats「Pill+」

Beats「Pill+」(価格18800円) ツイーター+ウーファーの2ウェイ構成により、一体型スピーカーとは思えない分離感に優れたサウンドを実現。専用アプリの使い勝手も良好だ。コーデックはSBCとAACに対応

 実際、高域の繊細なニュアンスを丁寧に描き出すという点で、Pill+は同価格帯のBluetoothスピーカーにはない音調を聴かせてくれる。ヒップホップ界のレジェンド、Dr.ドレーによって創設されたブランドながら、低域をブリブリ効かせたサウンドではなく(パッシブラジエーターも非搭載)、きわめてハイファイ調のサウンドを志向しているのが興味深く、幅広いジャンルの音楽を楽しめる。