bizSPA!フレッシュ

あなたも共犯に?フォロワー数を偽造する「水増しインフルエンサー」の実態

ガジェット

 昨今、影響力の大きいインフルエンサーに自社の商品やサービスの宣伝をしてもらう、インフルエンサーマーケティングが注目されつつあります。

インフルエンサー

※画像はイメージです(以下同じ)

 とくに若年層を中心に影響力のあるインフルエンサーですが、偽のフォロワーを業者から購入して数を水増ししているケースが少なくないそうです。5月22日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)では「追跡!ネット広告の闇 水増しインフルエンサー」と題し、徹底取材が行われました。

取材班がフォロワーを購入して検証

 取材にあたって、調査チームは3つの新しいアカウントを開設し、それぞれ異なる業者から1万人ずつフォロワーを購入。すると、誰もフォローもしておらず、投稿もないのに、購入直後から大量のフォロー通知がスマホに表示されました。

 そして、それぞれのアカウントのフォロワーの傾向を調査したところ、1つ目のアカウントは世界150か国から満遍なくフォローされ、2つ目のアカウントはブラジル、3つ目のアカウントは中東にフォロワーが集中していました。

 NHKの取材班は、購入したフォロワーに連絡を試みましたが、ほとんどのアカウントとは連絡が取れません。しかし、わずかに連絡が取れた人に取材を申し込み、そのうちの一人に会いに行くために、なんとブラジルまで赴きます。

 連絡が取れた1人目は、ブラジルサンパウロ市内に住む16歳の女子高生でした。母親が自家製のアイスを一本30円で売って生計を立てているという家庭で、そのアイスを宣伝するためにインスタグラムを始めたそうです。ただ、彼女自身はNHKが作成したアカウントをフォローした覚えはなく「何が起きたか正直分かりません」と困惑気味に取材に応じていました。

 さらに、海沿いの街で理容師を営む34歳のチアゴさんもNHKのアカウントをフォローした一人です。しかし、彼女もまったく身に覚えがまったくない様子。取材の経緯を説明すると、チアゴさんは「勝手に俺のアカウントで知らない誰かが金儲けをしているなんて許せない」と怒りをあらわにしました。

 調査を進めていくと、彼らのアカウントは乗っ取りの被害に遭っており、NHKのアカウント以外にも100人以上の日本人をフォローしていたことが判明しました。

写真加工アプリが乗っ取り被害の原因か

女子会 写真

 先ほど紹介した、世界150か国から満遍なくフォローされていた1つ目のアカウント。そのなかには、150人程度の日本人アカウントが混じっていました。彼らに取材をした結果、ある共通点が浮かび上がってきます。

 その共通点とは、パソコンからインスタに、投稿・加工を可能にする海外製の無料ソフトウェアをインストールしていたことです。英語で書かれた無料ソフトウェアの利用規約を読んでいくと「Commit a follow to another user with your account.(あなたのアカウントで他人をフォローする場合があります)」との一文が含まれていることが分かりました。

 この無料ソフトウェアが水増しフォローに悪用されていたかどうかは、番組放映時までに裏付けは取れなかったものの、番組では「これが原因となって悪用されている可能性が極めて高い」と結論づけられていました。トレンドマイクロの岡本勝之さんは「自分のIDとパスワードが求められる場合は利用も含め慎重に」とコメントを寄せ、安易に個人情報を入力することの危険性を指摘。

12