bizSPA!フレッシュ

飛行機で一番いい席を選ぶには?不快な・快適な席を見分ける方法

 10月はニューヨークとマレーシアへ行ってきました。今年の年間フライトも50本を超え、国際線も電車のように乗りこなしています。

飛行機

※画像はイメージです(以下、同じ)

 今回はそんな飛行機経験豊富な私が、国際線の座席の選び方についてご紹介したいと思います。

飛行機の座席の選び方

 飛行機の座席を決める時のポイントは大きく2つ。窓側・通路側か、前方・後方かの4分類です。

 みなさんのような若手ビジネスマンにおすすめするのは前方の窓側! どうして前方の窓側が良いのか理由を説明していきましょう。

飛行機で前方の窓側を選ぶメリット

 窓側を選ぶメリットは以下の3点です。

・上空から見える景色
・壁にもたれかかって睡眠がとりやすい
・眠った後、起こされにくい

 通路側はトイレに行きやすいという大きなメリットがありますが、実は通路を歩くキャビンアテンダントや他の乗客がぶつかる可能性が高く、眠った後、起こされやすいというデメリットがあります。

 窓際から見える景色はなんといっても格別なので、せっかく飛行機に乗ったら見逃せません。機内から見える富士山には感動を覚えます。比較的トイレが近くない人であれば、この絶景を味わってほしいです。