bizSPA!フレッシュ

賛否両論だけど確実にお得「GoToキャンペーン」の裏技を旅のプロに聞く

 こんにちは、旅ブロガーのまりです。政府肝入りの施策「Go To トラベルキャンペーン」。当初の予定から実施日が前倒しになったり、開始直前に東京が対象から外れたりと、先行き不安すぎて心配ですが、本日・7月22日にスタートしました。

旅行

※画像はイメージです(以下、同じ)

 私は東京都民なので残念ながらキャンペーンは使えません。しかし、旅行業界で働く人間として、誰よりも業界の助けになることをしなければという気持ちは強いです。

 今回キャンペーンの対象者になり、批判がある中でも「行こう」と決めた人には、ぜひ旅先でしっかりお金を使って観光地を支援してもらえると、私の“旅行魂”も成仏できそうです。

 行くべきか、行かざるべきかの判断は個人ですべきと思いますので、今回の記事ではキャンペーンの是非ではなく、キャンペーン利用者に、その活用法について紹介していきます

「Go To トラベルキャンペーン」とは?

 Go To トラベルキャンペーンは、新型コロナウイルス感染症の流行収束後の一定期間、地域の需要喚起と再活性化を目指す、官民一体型の消費喚起キャンペーンです。観光庁のページを参照すると下記の4点がポイントになることがわかります。

image3

※観光庁HPより

1:国内旅行を対象に宿泊、日帰り旅行代金の半分(50%相当額)を支援
2:内訳は、旅行代金の35%を支援+旅先で使える「地域共通クーポン」として15%分を付与(クーポン配布は9月以降)
3:1人1泊あたり2万円が上限(日帰りは1万円)
4:利用回数の制限なし

 最大2万円補助してくれるうえ、利用回数の制限がない。とんでもないキャンペーンなのは間違いありません。

image2

※観光庁HPより

 例えば家族4人で1週間の長期旅行を計画し、補助限度額ギリギリ(1泊1人4万円)で旅行すれば112万円の旅行代金で、56万円(うち宿泊費は39.2万円)相当の支援があるということです。破壊力がありすぎて絶句してしまいます。

「Go To トラベルキャンペーン」の対象商品は

image1

※観光庁HPより

 観光庁の発表によると、宿泊を伴う対象は下記の3つです。

1:宿泊+交通機関等のセットプラン
2:宿泊のみ(個人手配した飛行機や鉄道は割引対象外)
3:宿泊に準ずるもの(クルーズ、夜行フェリー、寝台列車)

 日帰り旅行の場合は「往復の乗車券+旅行先での消費となる食事・体験など」とのセットプランが対象になります。私は一生でこんなチャンスは2度とないと思い、豪華客船クルーズを狙っていたのですが、東京都民は対象から外されてしまったため、計画はいったん水の泡となりました。

おすすめ記事