元乃木坂46・中田花奈が今だから明かす「頑張りきった」アイドル時代の話 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

元乃木坂46・中田花奈が今だから明かす「頑張りきった」アイドル時代の話

 元乃木坂46の中田花奈さん@nakada_official)は、2020年10月に乃木坂46を卒業。ダンスパフォーマンスには定評があり、「ダンス七福神」だった中田さんですが、タレント・プロ雀士・麻雀カフェ「chun.」オーナー店長として活躍の場を広げている現在、アイドル時代について「途中からギリギリの状態だった」と振り返ります。

中田花奈

元乃木坂46・中田花奈さん

 アイドル生活を駆け抜けた後、芸能界引退も考えていたという中田さん。今だから明かせる赤裸々な話からは、「やりたいこと」と「しんどさ」のバランス、そして「辞め時」のヒントが垣間見えました。

アイドル時代は、後半ずっと辛かった

――卒業は、いつ頃から考えていたのでしょうか。

中田花奈(以下、中田):後半は特にずっと辛かったんです。例えば、テストの成績が悪かったら、何をどう頑張ったらいいかわかりやすい。でもアイドルは“正解”がなく、何が評価されるかがわからない。自分を否定されている感覚になったり、パニックになったりすることもありました。

 アイドル自体が好きだったので、活動していて嬉しいことや楽しいことももちろんあったんですけど、精神的な負荷がすごかった。とはいえ、それまでの生活を全て捨ててアイドルになっているので、「諦め」で終わりたくない。「もう少しだけ、もう少しだけ頑張ってから辞めよう」と思って、ギリギリの状態で続けてきました。

ある日決意した「終わらせ方」

中田花奈

中田花奈さん、麻雀カフェ「chun.」にて

――悶々としながら、踏ん張っていたんですね。卒業後の進路について、考えていたことはあったのでしょうか。

中田:それがなかったので、怖くて辞められなかったんですよね。辞める何年か前、本当に精神的に壊れてしまったことがあって、そうなると体調面にも異変が出てくる。その時、「あと3回耐えられないことがあったら辞めよう」と、“終わり”を決めたんです。そして、その3回目が来た時に、卒業させてください、と事務所に話をしました。

――“終わり”を決めたら、少し楽になりましたか?

中田:回数を決めたのは良かった気がします。3回というのもちょうど良かった。1回嫌なことがあっても、「こんなに頑張ったんだから、終わりまであと2回頑張ろう」と思えたので。

「バフェットの投資術」を学んだら、生き方まで変わった話。

「バフェットの投資術」を学んだら、生き方まで変わった話。

9年間在籍した乃木坂46から卒業を決めた中田さんは「バフェット」から何を学んだのか?グループ在籍中に行われた、日本大学教授の濱本明氏による特別講義の内容をぎゅっと凝縮

おすすめ記事