元乃木坂46・中田花奈、麻雀カフェ経営者としての顔。“大物女優”が突然来店も | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

元乃木坂46・中田花奈、麻雀カフェ経営者としての顔。“大物女優”が突然来店も

 元乃木坂46の中田花奈さん@nakada_official)は、現在プロ雀士としても活躍中。昨年は麻雀カフェ「chun.」をオープンさせました。経営者兼店長として、店の隅々にまで気を配る中田さんは、「お店に3日行かないことはない」という日々を送っています。

中田花奈

元乃木坂46の中田花奈さん

 取材日も、終わった途端に携帯のアラームが鳴り、「お店でやることがあるので、そのリマインドで……」と恥ずかしそうに言った中田さん。アイドル時代についてお話を聞いた前編のインタビューに続いて、麻雀カフェオープンへの想いを聞きました。

麻雀カフェ、構想は乃木坂卒業前から

――麻雀カフェに関して、具体的に動き始めたのはいつ頃からですか?

中田花奈(以下、中田):乃木坂46を卒業する前です。乃木坂で自分がやりたいことが全て叶ってしまって、このままだと卒業後にすることがないなと考えた時、やりたいのが雀荘だったんです。卒業前から物件の内見にはめちゃめちゃ行ってました。ただ、物件探しは難航しましたね。いいなと思っても、風営法の関係でできないとか。

――開店にかかるお金は、自腹で?

中田:はい。乃木坂時代は、洋服ぐらいしかお金を使ってなかったんです。実家暮らし歴も長かったので。雀荘のために、計画的に貯めたというわけでもなく。

「不安を考えすぎないから行動できる」

中田花奈

麻雀カフェ「chun.」

――カフェという形態にした理由を教えてください。

中田:「Mリーグ」(麻雀プロリーグ戦)のパブリックビューイングに行った時、その盛り上がりがすごいなと思ったのと、人と麻雀見るってこんなに楽しいんだと体感したんです。私はいつも1人で(対局を)見ていたので、誰かが一緒に見てくれたら嬉しいし、みんなにもその楽しさを味わってほしい。理想はスポーツバーの麻雀版、みたいなイメージの雀荘でした。麻雀をする人だけじゃなく、しない人もいていい。だから、麻雀“カフェ”がいいなと。

――行動力がすごいです。

中田:先に不安要素を考えすぎないから、行動できるという側面はあるかもしれません。思ったまま行動してるだけで、かつ一度やろうと決めたことに対しては、躊躇せずに動くタイプではあります。自分の好きなように生きたいだけなんです。

「バフェットの投資術」を学んだら、生き方まで変わった話。

「バフェットの投資術」を学んだら、生き方まで変わった話。

9年間在籍した乃木坂46から卒業を決めた中田さんは「バフェット」から何を学んだのか?グループ在籍中に行われた、日本大学教授の濱本明氏による特別講義の内容をぎゅっと凝縮

おすすめ記事