アンジャッシュ渡部建、“活動自粛”を経てたどり着いた新境地「ちょっとだけ前に進ませてください」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

アンジャッシュ渡部建、“活動自粛”を経てたどり着いた新境地「ちょっとだけ前に進ませてください」

 2020年のスキャンダルによって芸能活動を自粛し、『白黒アンジャッシュ』(チバテレ)で1年8か月ぶりの復帰を果たした渡部建さん@watabe1972)。2022年11月、そんな彼が著書『超一流の会話力』(きずな出版)を上梓した。

渡部建

渡部建さん

 なぜこのタイミングで、コミュニケーション本を出版したのだろうか。番組復帰後の心境、批判を承知で本を出した理由、ツイッターを再開した経緯など、現在の率直な思いを語ってもらった。

復帰後に感じた、戦友への感謝

――毎週、『白黒アンジャッシュ』(チバテレ)を楽しみにしています。ここ最近では、バカリズムさん、土田晃之さんなど、渡部さんと同時代の芸人さんも出演しました。

渡部建さん(以下、渡部):僕らが若手の頃って横のつながりがそんなになくて、「もうあいつとは口聞かない」みたいな感じでけっこうギスギスしてたんです。それが10年、20年経ってくると、みんな歳とってきて思い出話に花が咲いちゃうんですよね。

 ようやく笑って当時のことを話せるのも感慨深いですけど、とくに僕があんなことになった後にきてくれるってことが本当に嬉しいし、ありがたい。同じ時代をともにした戦友というか、本当にいい仲間に恵まれたなと実感してます。

若手に「普通の状態で会ってあげたかった」

渡部建

――1990年代は、今の仲の良い世代と空気感が違うでしょうね。

渡部:もうバチバチですよ。ツッチー(土田晃之さん)なんて本当に怖かった。「今日、前歩いてるやつ遅いからケツ蹴ってきてやったよ」みたいなこと平気で言ってましたから。バカリズムも今でこそニコニコのイメージありますけど、ものすごい尖ってましたし。そういう20代を経て、今助けてくれてるのは感謝しかないですね。

――ザ・マミィ、男性ブランコ、ストレッチーズなど、ちょうど渡部さんがお休み中に台頭してきた若手も出演。お話してみて改めて世代の違いを感じたりもしますか?

渡部:ぜんぜん違いますね。僕らがネタ番組にバリバリ出てる頃に、テレビで見てた世代なので。彼らのネタのレベルは本当に高いし、すごいと思うから話聞いていて楽しいです。それだけに、普通の状態で会ってあげたかったなと(苦笑)。向こうに気を遣わせる状況になってしまったので。

超一流の会話力

超一流の会話力

本書は、長年テレビのバラエティの世界で活躍し、超一流の芸能人たちのコミュニケーションを間近で見てきた著者が、その手法を独自の視点で分析し、自らの経験を交えながら、ビジネスシーンや日常会話で実践できるようにまとめた一冊です

おすすめ記事