「M-1グランプリ」2度目の決勝、ウエストランドを直撃「めちゃくちゃウケたい」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「M-1グランプリ」2度目の決勝、ウエストランドを直撃「めちゃくちゃウケたい」

 2020年の「M-1グランプリ」決勝で9位に終わったものの、「お笑いは復讐劇なんだよ!」というフレーズで強烈なインパクトを残し、バラエティーで再活躍しはじめたウエストランドの河本太さん(38歳・@west_kohmoto)と井口浩之さん(39歳・@westiguchi)。彼らは、今年2度目のファイナリストに返り咲き、新たな一歩を踏み出そうとしている。

ウエストランド

「ウエストランド」河本太さん(右)と井口浩之さん

 この2年で彼らが得た自信とは? M-1決勝を目前に控えた現在の心境、爆笑問題・田中裕二さんとのエピソード、所属事務所のタイタンやキュウに対する思い、同世代ではなく後輩たちと新ネタライブで切磋琢磨してきた理由など、赤裸々に語ってもらった(※取材は2022年12月9日に実施)。

【インタビュー後編を読む】⇒<「日々の活動もM-1につながった」ウエストランドが語る、コンビの芸風とネタの関係性>

【写真をもっと見る】⇒ウエストランドの2人の“本気な”ショット!

早い段階で例年にはない自信があった

――決勝進出おめでとうございます! 正直、自信はありましたか?

井口浩之(以下、井口):去年は準々決勝で落ちちゃったんですけど、そこから作った最初のネタでもう「来年は決勝いけるな」っていう手応えがあったんですよ。だから、別の要素でダメとならない限りはいけるかなと。早い段階で例年にはない自信がありました。ただ、そういうこと言うと、有言実行で格好いいはずなんですけどね。誰も「格好いい」とは言わないっていう(苦笑)。

河本太(以下、河本):僕は横で見てて、今年の予選のネタを初めてやった時に「仕上がってるな」と思いましたね。これなら、決勝いけるかなって。だから、なんか頼もしかったです。

爆問田中が「いいじゃん」と褒めたネタ

ウエストランド

井口浩之さん

――『くにまる食堂』(文化放送)にゲスト出演した爆笑問題・太田光さんが「決勝まで行きゃあもう御の字ですよ」と喜んでいました。

河本:決勝メンバーの発表後、今日(取材は12月9日のタイタンライブ前に実施)初めてお会いするんですよ。

井口:実際どう言われるかはわかんないですね。2020年のM-1決勝に出た時は「良かったな」みたいな感じでしたけど、結果が振るわずだったので、ちょっと今年は期待に応えたいですね。

――爆笑問題・田中裕二さんも、今年のネタを褒めていたそうですね。

井口:タイタンライブでたまたま見てくれたみたいで、「お、いいじゃん」とは言われました。田中さんがそんなこと言ってくれることないから珍しいなと思って。ただ、準決勝の前に「あの時、言ってくれたネタやるんです」って言ったら、もう1ミリも覚えてなさそうな反応でしたね。

 たぶんもう忘れてると思います。よくよく思い返してみたら、爆笑(問題)さんのラジオ番組に出させてもらった時に「あのネタ、M-1でやったら良かったのに」って感じで言ってくれてたんですけど(苦笑)。何も言ってこなかったですからね。

おすすめ記事