松屋「スパイシーキーマ牛めし」をプロが実食。550円で贅沢な気分に | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

松屋「スパイシーキーマ牛めし」をプロが実食。550円で贅沢な気分に

牛めしにミニカレーを追加してみると…

 とはいえ、カレーを偏愛する者としてはキーマをもっとガッツリ食べたかったのが正直なところ。キーマの追加オプションがあると、カレー好きのリピート率が上がるのではないかと思いましたが、松屋さんいかがでしょうか(笑)。

 ちなみにスパイシーキーマ牛めしに比べてリーズナブルに、もっとカレー感が味わえる筆者オススメの食べ方が、牛めしに150円のミニカレーを加える合体技です

スパイシーキーマ牛めし

 牛めしの中央の牛肉をよけてスペースを作り、そこにカレーを流し込むと“カレー牛めし(勝手に命名)”の完成!

スパイシーキーマ牛めし

 スパイシーキーマ牛めしは550円ですが、この組み合わせなら530円。ネギや玉子は付かないですが、カレーはオリジナルカレーがベースになるのでカレーギュウ(680円)の簡易版のような味になりますよ!

=====

 オリジナルカレーへのモデルチェンジ&ごろごろ煮込みチキンカレーのレギュラー化以降、目立った動きがなかった本家の松屋ですが、牛めしにキーマカレーを合わせるまさかの変化球で新カレーをドロップしてくるとは! 今年も残暑が厳しくなりそうですが、キーマ牛めしをはじめとする松屋グループのカレーメニューで華麗(カレー)に美味しく乗り切っていけそうです。

<TEXT/カレー研究家 スパイシー丸山 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

インド料理からお家カレーまで精通する次世代のカレー研究家。日本野菜ソムリエ協会カレーマイスター養成講座講師。レシピ、食べ歩き、商品情報など、カレーにまつわるさまざまなトピックを日々発信している。著書『初めての東京スパイスカレーガイド
ブログ:カレーなる365日
Twitter:@spicy_maruyama

12

ハッシュタグ

おすすめ記事