<漫画>「めっちゃ裸で泳いでる!?」男子校の日常を描くワケを作者に聞く | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

<漫画>「めっちゃ裸で泳いでる!?」男子校の日常を描くワケを作者に聞く

 男子校や広告業界など、知ってるようで知らない世界がテーマのエッセイ漫画で注目を集めるコンテくん(@conte_kun。CMプランナーとして活躍する中で、クリエイティブの幅を広げるために漫画を学ぶスクールに入学。そこで、さまざまな出会いや経験をする中で、他にはない独自の空気感を醸し出す作品を生み出すようになっていく。

コンテくん

コンテくん

 自身のキャリアについて聞いた前編の記事「“心が傷つかなくなるシール”を貼った女性に起きた変化」に引き続き、後編ではエッセイ漫画を描くようになったきっかけから、創作のポイントについて語ってもらった。

 インタビューと共に、自身の技量のなさに悩む吹奏楽部員や、裸でプールを泳ぐ同級生に思わず面食らった様子など、男子校で起こりそうな出来事を描いた『男子校エッセイ』を紹介する。本作、ぜひ最後まで目を通していただきたい。

【マンガ】⇒『男子校エッセイ』を読む
【マンガ】⇒『ハリボテちゃん』を読む

自分の得意技を作品に投影する

──「コルクラボマンガ専科」の同期生の作品を見たときの印象を教えてください。

コンテくん:みんな、自分の得意技というか、その人にしか描けない作品で勝負している人が多かったですね。主婦なら主婦の目線を活かすとか、自分が好きなことやフェチを漫画にする人とか……。僕もそういう得意技を駆使して勝負しないといけないなと自然に思いましたね。

──CMプランナーとしてのスキルを駆使して?

コンテくん:そうですね。広告のセオリーかもですけど、自分の漫画の長所と短所をまず整理して、どうすれば周りと差別化できて、かつ自分らしいオリジナリティがより出せるか……。そこらへんは結構、研究しましたね。

さくらももこさんのエッセイが好きだった

男子校エッセイ

『男子校エッセイ』より、以下同じ

──そのなかで自身の経験を活かしたエッセイ漫画を描こうと思われたのですね?

コンテくん:もともと小学生の頃からさくらももこさんのエッセイが好きだったんです。その影響かもしれないですが、小さい頃から日記をつけたり、人間観察が好きで。いつか自分もエッセイ漫画描いてみたいな~とは、ずっと思ってたんですけど、全然やってなくて(笑)。

 漫画を習うようになってから、ついに描かなきゃいけなくなったときに生まれたのが、いまSNSで発表している『男子校エッセイ』ですね。そうしてエッセイ漫画を描くようになってから、オリジナル漫画も描きたくなったんです。だから、卒業課題の時に、CM業界を舞台にした『ハリボテちゃん』というオリジナル漫画を描きました。

おすすめ記事