イトーヨーカドーの人気店コラボカレーが熱い!「弁当とは思えない」とプロも絶賛の3品 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

イトーヨーカドーの人気店コラボカレーが熱い!「弁当とは思えない」とプロも絶賛の3品

 コンビニと比べるとカレースポットとしての注目度はかなり低くなってしまうスーパーですが、ひときわ異彩を放っているのがイトーヨーカドー。レトルトの品揃えだけでなく、オリジナルのカレー弁当を定期的に開発するなど、他のスーパーとは一線を画しているんですよね。

イトーヨーカドー

イトーヨーカドー赤羽店

 特に熱いのが夏と冬に開催されるカレーフェア。人気店とコラボしたカレー弁当がメイン商品になっていて美味しさとコスパの高さでリピーターが続出! 今シーズンは1月10日から“冬のカレーフェス”と題したフェアが始まり、全国のカレーファンを楽しませているのでした。

 今回は昨年夏に続き2度目となる大久保の行列店・魯珈(ろか)、2020年からイトーヨーカドーのカレーを盛り上げる東銀座の老舗ナイルレストランとのコラボ弁当が登場。新作はどんな内容になっているのか? 気になる3アイテムをGETして試してみることにしました。

1)429円で行列店の看板メニューが

 カレー弁当と総菜を中心に展開してきたカレーフェアですが、今回は初となる冷凍食品が登場。魯珈の看板メニュー「ろかプレート」がオリジナルの冷凍食品シリーズ“イーザップ”で商品化され、429円で楽しめるというから驚きなんですよね

イトーヨーカドー

スパイシーカレーと魯肉飯の合いがけ~ろかプレート風~(429円)

スパイシーカレーと魯肉飯の合いがけ~ろかプレート風~」という少々長いネーミングの同商品。袋を開けるとカチカチに凍ったカレー&イエローライス。500Wで7分ほど電子レンジ加熱をすると出来上がりです。

イトーヨーカドー

 トマトカレーとイエローライスをベースに台湾の豚肉煮込み魯肉(ルーロー)、高菜、枝豆、ナスが乗ったワンプレートスタイルでまとまっているのですね。

インド×台湾のハイブリッドがしっかりと再現

イトーヨーカドー

 メインのカレーはトマトの爽やかな風味を軸に、クミンやコリアンダーなどのフレッシュな香り、ほどよく強めの辛さでまとめた軽やかでスパイシーな美味しさが!

イトーヨーカドー

 豚肉煮込み魯肉はスターアニス(八角)香るアジアンスタイル。肉の食感やパンチのある味付けでご飯がすすみます。カレーと魯肉をそれぞれ食べてもOKですが、異色の2つを掛け合わせていただくのが魯珈スタイル

イトーヨーカドー

 軽やかにまとめたトマトカレーに八角香る魯肉がバシッとハマり、インド×台湾のハイブリッドな“ろかプレート”の美味しさがしっかりと再現されているではありませんか!

イトーヨーカドー

 お店の定番である高菜炒め、エダマメや揚げナスもカレーの良きアクセント。このクオリティが429円で買えてしまうとは! イトーヨーカドーにまたまた凄い商品が誕生しちゃいましたね。

おすすめ記事