夢のCAに合格したのに「内定保留」に…コロナに泣かされた25歳女性のボヤキ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

夢のCAに合格したのに「内定保留」に…コロナに泣かされた25歳女性のボヤキ

コラム

 コロナにより航空業界は大打撃。今回は、コロナにより航空業界での職を失った一人の女性の話をします。

女子大生

※イメージです(以下、同じ)

「半年後には、子供の頃からあこがれていた客室乗務員としての生活がスタートするはずでした。ですが、コロナによりその夢は叶いませんでした」そう語るのは、小宮かりん(仮名・25歳)さんです。

憧れのCAになるために、エアラインスクールへ

 小宮さんは客室乗務員になることを夢みて、大学時代の4年間を遊ぶ暇なく、就活やその準備に時間を費やしていました。

大学に通いながら、放課後はエアラインスクールでみっちり就活対策をしていました。そこでは、模擬面接、コミュニケーション講座、資格取得の勉強などを行いながら就活に備えていました」

 エアラインスクールの受講料は高額です。受講料を払うため、小宮さんは授業が始まる前の早朝にアルバイトをし、そのまま大学へ。大学が終わるとエアラインスクールに通う日々を過ごしていました。

大学時代はCAになるための4年間だった

飛行機

 さらに客室乗務員としての英語力を磨くため、アメリカへ1年間の交換留学にも行ったといいます。

「私の大学時代は客室乗務員になるための4年間でした。もちろん、学生最後なので楽しみたいと思っていましたが、受講料や留学費用を貯金する必要があったので、友達からの旅行や遊びのお誘いは断っていました」

 学生の青春時代を楽しみたいと思いながらも、小宮さんは自分の夢を追いかけることに決めました。そして、いよいよ就活の時期がやってきました。

12

おすすめ記事