15万円の職場飲み会費を借金。「大手企業の伝統」に苦しむ25歳の告白 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

15万円の職場飲み会費を借金。「大手企業の伝統」に苦しむ25歳の告白

コラム

 多くの人が憧れる大手企業ですが、入社前に抱いていたイメージとは全く違うことでショックを受ける新入社員も多いそうです。新卒向け就職エージェント「career ticket(キャリアチケット)」の調査(2022年3月14日、新入社員300人対象)によると、新入社員の3人に1人が、入社した企業に対して入社前よりもマイナスなギャップを抱いていました

落ち込む会社員

画像はイメージです(以下同)

 大手IT企業に勤める関根優馬さん(仮名・25歳)も、実際に働いてみて「こんなはずじゃなかったのに」と頭を抱える一人。現在も理不尽な会社での生活を強いられているのだとか。

運よく内定をいただいた

 関根さんは、夢の大手IT企業に入社しました。

「当時は、大手企業と聞くとキラキラしたイメージがありました。私が勤めているIT企業は、ネームバリューがあることはもちろん、給料、福利厚生、残業代の支給など、条件的にも問題ありませんでした。運よく内定をいただいたので、入社を決めました」

「飲み会=仕事」とされる文化

飲み会 乾杯

 憧れの会社も、いざ入社してみるとガラリとイメージが変わることも……。

「フタを開けてみると、伝統を重んじるような堅い会社だったんです。特に上下関係が激しく、社内では上司の言うことは絶対といった考えが浸透しています。コロナが流行する前であったこともあり、週に3日から5日の頻度で先輩から飲みに誘われ、朝まで帰れないことも稀ではありません。毎日の平均睡眠時間は3時間で、睡眠不足とアルコールで顔が浮腫んだ状態で出勤しています」

 さらに、とある飲み会で二軒目の誘いを断ると、上司から思いもよらぬ返事が返ってきました。

「精神、体力に限界を感じた私は、初めて二軒目へのお誘いを断りました。すると、先輩は『飲み会は仕事のうちだから、若いうちに色々吸収しろ。朝まで頑張ることに意味がある』と答えたのです。そこまで言われてしまうと、半強制的に行かざるを得ないですよね

12

おすすめ記事