27歳男性、塾講師から“異業種転職”に成功。体重5キロ落として掴んだ内定先は | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

27歳男性、塾講師から“異業種転職”に成功。体重5キロ落として掴んだ内定先は

コラム

 長きにわたるコロナ禍で会社の将来性に不安を感じる人が増加。転職希望者は増えた一方で、業績の低迷を理由に多くの企業は採用を控えるようになり、転職の難易度は上がったとも言われています。

就活 転職

画像はイメージです(以下同じ)

 元塾講師だったという町田圭司さん(仮名・27歳)は、そんな厳しいコロナ禍での転職活動において、さらに難易度の高い状況で挑むことになったそうです。

同期とのリモート飲みがきっかけで転職

「それまでは学習塾に勤務していましたが、転職活動はかなり苦戦することに。かつてないほどの焦りとプレッシャーを感じながらの活動でしたよ。あんな思いをするぐらいなら、もう2度と転職活動はしたくないですね

 町田さんが、転職を考えるようになったきっかけは、大学の同期との飲み会だったとか。

「コロナの感染者が増えた時に3か月ほど勤務先の塾が休校になったんです。その時に大学の同期とリモートで飲むことになりました。入社以来、仕事が本当に忙しくて、同期と飲むのは大学を卒業して以来でしたが、その席で聞いた仕事の話に驚いたんです」

休日の充実ぶりがうらやましくなる

塾講師

「学習塾の仕事は、生徒が志望校に合格した際などにものすごく達成感や、やりがいはあるんですが、自分は講師の他に教室長も兼務していたので、勤務時間が長い上に休みが少なくて。それに授業の準備をしつつ、新規の生徒の獲得も考えなければいけないので、時間とプレッシャーに追われる日々でした

 正直、かなり辛い環境でしたが、仕事なんてこんなものだろうと思っていたんです。でも、同期たちの話を聞いてみると、財務のスペシャリストを目指しながらジムで定期的に汗を流していたり、営業として成果を出しながら休日はドローンを飛ばすことにハマっていたりと、仕事もオフも充実していて、本当にうらやましくなったんです」

 その後、町田さんは転職を決意。が、活動を始めてみたものの難題につきあたります。

おすすめ記事