スマホ大手3社の20GB&大容量プラン。結局どれが一番お得なのか検証 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

スマホ大手3社の20GB&大容量プラン。結局どれが一番お得なのか検証

ガジェット

 ドコモが月2980円という衝撃的な価格の「ahamo」を発表したことで火蓋が切られた携帯各社の新プラン合戦。1月13日、ついにKDDIからも20GBおよび無制限のプランが発表された。ここで改めて、各社のプランを比較してみよう。

plan-matome_01

満を持して発表されたauの新プラン(画像はLINE LIVEで配信された新プラン発表会より)

au「トッピング」可能な新プラン

 今回、auが発表した新プラン「povo(ポヴォ)」は、データ容量20GBで月額2480円。申し込みや各種手続きをすべてネット上で完結するオンライン専用プランで、3月に提供が開始される。当初は4Gのみとなるものの、夏には5Gにも対応予定とのことだ。

 特徴的なのが、必要に応じてプランに「トッピング」を追加できる点だ。その第一弾として、200円で申し込みから24時間データ容量が無制限になる「データ使い放題 24時間」、月額500円の「5分以内通話かけ放題」、月額1500円の「通話かけ放題」などが用意されている。

 先行して新プランを発表しているドコモ、ソフトバンクは20GB・2980円で5分の無料通話が付属するのに対して、povoは無料通話がトッピング扱いになっているのは注目すべき点だろう。

 トッピングは通常のオプションと異なり、必要なときだけ有効にできる。つまり、「普段は2480円の基本プランのみ、通話を多く使いそうな月は無料通話をつけて2980円」といった柔軟なカスタマイズも可能になるのだ。

サブブランド「UQモバイル」も刷新

スマホ

※イメージです

 また、大容量プランとしては、月額6580円の「使い放題MAX 5G/4G」を発表。容量無制限だが、テザリングは30GB/月までに制限される点は注意が必要だ。なお、月間データ使用量が3GB以下の場合は自動的に1500円引となる。

 これらに加えて、サブブランドのUQモバイルもプランを刷新。3GB、15GB、25GBの3種類で、料金はそれぞれ1480円、2480円、3480円。使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越しできる点が特徴となっている。こちらは2月1日開始で、夏には5Gにも対応するとのことだ。

おすすめ記事