bizSPA!フレッシュ

新型iPhoneケースは財布代わりにも。クレカは何枚まで入るか

ガジェット

 iPhone12シリーズの背面に磁石で取り付けられる「Mag Safeレザーウォレット」。収納容量があまり大きくないため、何を入れるかの選択は悩みどころだ。今回は実際にさまざまな組み合わせでカードなどを収納し、どう使うのがベストなのかを検証した。

Mag Safe

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット ¥6800(税別)

■ MagSafe対応iPhoneレザーウォレット ¥6800(税別)

カードの枚数は何枚がベストなのか?

wallet_01

 iPhone12シリーズと一緒に登場したMag Safeレザーウォレットは、スリーブタイプの革製カード入れ。全4色が展開されているが、筆者はiPhone本体の色に合わせてバルティックブルーを選択した。

wallet_02

 横から見ると、収納部分のスペースは5mm程度。素材の革は厚手で固さがあるので、使っているうちに伸びてくることもなさそうだ。

wallet_03

公称の収納容量であるカード3枚を収納

 公式ページには「最大3枚のカードに対応」とあるので、まずはクレジットカード2枚と運転免許証の計3枚を入れてみた。

wallet_04

ギチギチなので取り出すのに手間がかかる

 たしかに3枚を納めることは可能だが、かなりギチギチで、カードを取り出すのに苦労する状態。これだと少々使い勝手が悪そうだ。

wallet_05

クレカ2枚+紙幣2枚+図書カード

 そこで、カードを2枚に減らし、代わりに3つ折りにした紙幣2枚を収納。さらに図書カード1枚も入れてみたが、先ほどよりは余裕があり、だいぶ出し入れはしやすくなった。

wallet_06

紙幣7枚を3つ折りで収納

 カードを入れずに紙幣だけを収納するパターンも試してみた。この場合は7枚が上限といったところ

wallet_07

中身を出せなくなってしまったらこの方法で

 ちなみに、カードを入れすぎて取り出せなくなってしまった場合は、薄手の定規などの細長いものを差し込んで、中身を持ち上げるようにしながらに引っ張れば出すことができる

おすすめ記事